読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

新生銀行で口座開設したら思った以上にお得だったのでおすすめしてみる

f:id:qooton:20140624173602j:plain

新しく口座開設をする際に悩むのは「どこの銀行だと使い勝手が良くてお得なのか」ではないでしょうか。

給料や家賃、公共料金の振込先が指定の銀行口座に決まっている、という場合は悩みようがありませんが、ある程度自由に選べるのであれば「ネット銀行」をおすすめします。

ネット銀行はインターネット上で残高照会、振込、振替などが利用でき、現金の入金、出金はATMで行ないます。営業時間が限られている銀行窓口やATMを使わなくても、24時間いつでも取引できるので、日中忙しい人でも便利に使えるのがメリットです。

数あるネット銀行の中で、自分が使っていて「あ、便利でお得」と思ったのが新生銀行でした。

新生銀行が便利でお得な理由

  • ATMがいつでも出金無料
  • ファミマの入出金でポイントが貯まる
  • 他行宛の振込手数料月1回は確実に無料
  • 記帳の必要なくネットで残高が確認できる
  • 公共料金の引落しは使いにくいかも

ATMがいつでも出金無料

新生銀行を利用していて一番便利なのが「ATMの出金手数料が無料」なこと。

以前はゆうちょのキャッシュカードでお金を引き出していましたが、お金がない時に限って、ゆうちょのATMが時間外で閉まっていたり、コンビニのATMを使うと手数料がかかったりと、何かと使いにくさを感じていました。

新生銀行ならばコンビニさえあれば24時間、いつでもお金が下ろせるので「財布にお金がないけど、引き下ろしも出来ない」という場面がなくなりました。給料日に銀行ATMの行列に並ぶ必要もありません。

【出金手数料無料のATM一覧】

  • セブン銀行ATM
  • E-net(ファミリーマートなど)
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 新生銀行ATM
  • 三菱東京UFJ・みずほ・三井住友・りそな・埼玉りそなのATM
  • 三井住友・三菱UFJ・みずほのATM
  • あおぞら銀行、商工中金、かながわ信用金庫のATM

ファミマの入出金でポイントが貯まる

「うわぁ新生銀行スゴイ!」と思ったのが、ファミマにセッチのコンビニATM「E-net」で入出金すると、Tポイントが貯まること。

1回の入出金で10ポイント、最大30ポイントが貯まるのは、Tポイントカード利用者にとってはメリットしかありません。毎月のエントリーが必要ですが、ただ単純に「お金を引き出して、入れて、引き出して」するだけで、うまい棒が3本も買えるようになるのはお得過ぎです。

ポイントが付与されるのは、ATM利用時の翌月末までなので「お金を引き出したのに、ポイントが貯まっていない!」と慌てないで下さい。

他行宛の振込手数料月1回は確実に無料

新生銀行は毎月最低1回は他行宛の振込手数料が無料になります。

元々、私の住む賃貸マンションの家賃の振込先が地方の銀行だった為、他行の振込み手数料が無料になるネット銀行を探していました。

一番条件が良かったのは毎月3回まで他行宛振込手数料が無料になる住信SBIネット銀行でしたが、諸事情あり使えず「定期的な振り込みが必要なのは毎月の家賃くらいだろう」と新生銀行を選びました。

2回目以降は300円/回の振込手数料がかかりますが「毎月1回他行宛に振り込むくらい」という人であれば、特に問題なく使えると思います。

また預金残高100万円以上のゴールドステージになれば、振込手数料は月5回無料です。

記帳の必要なくネットで残高が確認できる

新生銀行には通帳がありません。
32色から選べるキャッシュカードが1枚あるだけ。

キャッシュカード1枚ならカードケースや財布の中に収納も簡単なので「通帳をどこに仕舞ったか忘れた」などの紛失の心配が減ります。

「今月いくら支払いに使ったっけ?」と思った時に、銀行ATMでいちいち記帳する必要はなく、ネットで新生銀行にログインすれば、いつでも残高や入出金の確認ができます。

月ごとのデータはPDFファイルでダウンロードできるので、過去の記録を見る為に毎回ログインしなくてもOKです。

公共料金の引落しは使いにくいかも

新生銀行は電話、電気、水道、ガスの口座引落に一応対応していますが、地方のマイナーな企業になると支払いができる金融機関が地元企業しかなく、新生銀行が使えないことが多々あります。

また対応しているはずなのに「水道料金の引落しはできませんが……」と受付の人に言われる(実体験。実際は可能なので手続きをしてもらった)など、公共料金の支払いには不便さを感じるかもしれません。

支払いをクレジットカード払いにして、引き落とし口座を新生銀行に指定しておく方法が一番使いやすいと思います。

クレジットカード払いにすれば料金ごとにポイントも貯まるので、口座引落よりも断然お得です。

新生銀行は貯金には一切向いていない

新生銀行は預金金利が低めで、毎月の給与から一定のお金が天引きされる「定期預金・積立預金」が利用できないので、貯蓄の銀行としては全く向いていません。

私のように「いつでもどこでも、お金を手数料無料で引き出したい」「他行宛の振込が月1回必ず必要」「通帳の記帳が面倒」という人は、非常に便利に使えるのでおすすめです。

「貯金したいけど、なかなか難しい……」という人は、普段使うお金がある銀行を新生銀行にして、積立貯金用の銀行は別に用意すると良いと思います。

新生銀行の詳細記事はこちら
ginkou.jp

▼他にもこんな記事書いています▼

(書いた人:昼時かをる)