読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

レンタル不要!台湾旅行でちょこっとネット接続したい時に使える無料wifiをまとめました

旅行

f:id:qooton:20140623203148j:plain

旅行先として、人気の高い台湾。

かの地でネットを使う方法としては、日本で海外用Wi-Fiをレンタルしたり、Wiflyなど有料のWi-Fiを使う方法もありますが「ちょっとでも良いからネットを使いたい」という程度であれば、台湾全土で無数に飛んでいる無料Wi-Fiを使う手もあります。

台湾では外国人観光客向けの公共の無料Wi-Fiが数多くあり、簡単な登録だけで利用できてしまいます。

台湾でもインターネットに接続できれば、Googleマップで自分のいる位置や行きたい場所の確認ができたり、翻訳機能を使って現地の人と会話をしたり、日本にいる家族や友人にLINEやTwitter、Facebookなどで近況報告ができたりします。

旅行する際に知っておいて損はない、台湾の無料Wi-Fiについてまとめてみました。

台湾の無料Wi-Fi

  • iTaiwan(台湾全土で使える公共無料Wi-Fi)
  • Taipei Free(台北市の公共無料Wi-Fi)
  • New Taipei City Wi-Fi(新北市の公共無料Wi-Fi)
  • iHsinchui(新竹市の公共無料Wi-Fi)
  • 7-WiFi無線上網(セブンイレブンの無料Wi-Fi)
  • 伯朗珈琲館(手続き不要の無料Wi-Fi)
  • 主要観光スポットとホテル

iTaiwan(台湾全土で使える公共無料Wi-Fi)

iTaiwan(愛台湾)は台湾の大抵の地域で使える無料公共無線LANサービスです。
利用エリアは各地の観光スポットや公共交通機関、学校や役所など全国約4,400カ所の公共施設。

台湾のそれぞれの地域で提供されている無料のWifi(Taipei Free、New Taipei City Wi-Fi、iHsinchui)も相互利用できるという特徴があります。

例えば台北のTaipei Freeのホットスポット近くにいれば、Taipei Freeに勝手に接続されます。

【申請方法】
日本を出発前にiTaiwanオフィシャルサイトで登録。
台湾入国後、旅行サービスセンター(旅遊服務中心、Visitor information center)や各地のビジターセンターで、パスポートを提示する。

後はネットワーク識別名から「iTaiwan」を選んでユーザーIDとパスワードを入力すればOK。
使用有効期限は30日間で、90日間まで延長可能。

機内モードON、Wi-FiをONにして使う↓

f:id:qooton:20140623203619p:plain

Taipei Free(台北市の公共無料Wi-Fi)

f:id:qooton:20140702090201g:plain

Taipei Freeは台北市が提供している無料公共無線LANサービスです。

主に台北のMRT駅とMRT地下街、夜市などで使える機会が多いと思います。

【Taipei Freeが使える場所】

  • 台北のMRT駅とMRT地下街
  • 主要な夜市(士林夜市、寧夏夜市、大龍街夜市など)
  • 市内の主要幹線道路
  • 主な住宅街やビジネス街
  • 人口密集地域などの公共スペース
  • 市政府庁舎
  • 12 か所の行政センター
  • 市立図書館と各分館
  • 市立聯合病院の各病棟
  • 台北聯営バス(台北市と新北市)の一部の車両。

【アカウント申請方法】

1.松山空港、台北駅、MRT各ターミナル駅、観光スポットにある旅行サービスセンター(旅遊服務中心、Visitor information center)や台北市の主なホテルで申請する。

申請には本人パスポートとwifiを使うデバイス(パソコン、タブレットPC、スマートフォンなど)のメールアドレスが必要。

2.オンライン申請。
無料アカウントの申請 -Taipei Freeにアクセスして、国名、携帯電話番号(最初のゼロを取る)、パスワード、メールアドレスを入力。ショートメッセージで確認コードが届くので、認証コードの入力が完了すればOK。

後はTaipei Freeホットスポット近くで、ブラウザを起動させて日本語版のサインページにアカウントとパスワードを入力、Taipei Freeにチェックを入れてログインすれば、ネット接続が可能。

ログイン画面では日本語切替ボタンがあるが、1で申請した人向け(アカウント名がパスポートナンバー前提)なのでタップせず、中文表示で行なうこと。

New Taipei City Wi-Fi(新北市の公共無料Wi-Fi)

新北市で利用できる無料公共無線LANサービスです。
主要な病院や図書館、美術館、郵便局、役所などの公共施設で利用できます。

iTaiwanと相互利用可能なので、新規でアカウントを登録する必要はありません。

【アカウント申請方法】

New Taipei City Wi-Fiのホットスポット近くで、ネットワーク接続でブラウザを起動すると、New Taipeiログイン画面が自動的に表示される。

携帯電話番号とチェックコードを入力。ショートメッセージで認証コードを取得して、パスワードとSM認証コードを入力すればアカウント登録が行える。

iHsinchui(新竹市の公共無料Wi-Fi)

新竹市で利用できる無料公共無線LANサービス。iTaiwanと相互利用可能。

新竹市にある主な博物館、観光スポット、夜市などで利用できます。

7-WiFi無線上網(セブンイレブンの無料Wi-Fi)

台湾では日本のコンビニエンスストアを非常に良く見かけますが、セブンイレブンでは無線LAN「7-WiFi無線上網」が利用できます。対象は約4,800店舗。

1日90分(1回30分)と使用上限は決まっていますが、日本人でも無料で利用できるのが嬉しい所です。

【アカウント取得方法】

1.日本を出発前、7-WiFi無線上網にアクセスして、「免費註冊」をクリック。
2.規約が出てくるので「確定送出」を押す。
3.携帯番号(最初のゼロを取る)、氏名(ひらがな不可)、メールアドレス、パスワード(アルファベットか数字を6文字以上)、パスワードを再入力して「確定送出」を押す。
4.ショートメッセージが届くので、認証コードを入力して「完成註冊」を押す。
5.画面が切り替わったら、右上のログイン画面で手機號碼に81+0を取った携帯番号、パスワードを入力して「會員専區」をすれば登録完了。

伯朗珈琲館(手続き不要の無料Wi-Fi)

台湾のコーヒーチェーン店「伯朗珈琲館(Mr.Brown Coffee)」では、特に面倒な手続きなしで無料でネット接続が可能です。一部の座席はコンセントが使用できるので、充電が無くなりそうな時に駆け込み利用もできます。

伯朗珈琲館は、駅ナカなどで結構見かけるので探しやすいと思います。
最初から甘めのコーヒーが特徴で値段はスタバ並。

主要観光スポットとホテル

f:id:qooton:20140623203312j:plain
f:id:qooton:20140623203227p:plain

私が何のアカウント登録なしでWi-Fiが利用できたのが「桃園国際空港」と「台北101」でした。画像の「Aairport Free Wi-Fi」「TAIPEI 101 Free WiFi」が該当。
おそらく独自のWi-Fiサービスがあったのだと思います。

またホテルでは宿泊客向けに無料でWi-Fiを提供していることが多い(ただし有線LAN率高し)ので「台湾旅行中、ネットに接続できない」という状態は少ないと感じました。

最後に

台湾で無料Wi-Fiを使うには日本で事前にアカウント申請しておくのが一番です。
いくつかの無料Wi-Fiサービスに登録しておけば、ある程度、どの地域でもネット環境が手に入ります。

特にiTaiwanのアカウントさえあれば、Taipei Freeなど、各地域の公共無料Wi-Fiが利用できます。

私の場合、日本でオンライン申請を済ませたまでは良かったのですが、なぜかアカウントとパスワードが一致しなかったようで、結局iTaiwanやTaipei Freeを使えませんでした。

一番確実なのは旅行サービスセンターでの申請だと思います。中国語ができなくても「Taipei Free」「iTaiwan」の言葉とスマートフォン、パスポートを見せれば、何とかなるはずです。

ちなみに一つのアクセスポイントから受信できる範囲は短いので、ネット接続ができたらその場所からなるべく動かないようにしましょう。また公共の無料Wi-Fiはオンラインゲームの利用やアダルトサイトの閲覧が制限されていることが多いです。

使用条件に注意しながら、より良い台湾旅行を楽しんでみて下さい。

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にもこんな記事書いています ▼