読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

たったこれだけ?月額300円の食べログプレミアム会員にメリットはあるのか?

企業 生活のヒント

f:id:qooton:20140624231933j:plain

レストランや外食の口コミサイト「食べログ」は無料で利用できますが、食べログには有料プランとなる「プレミアム会員」があります。月額300円+税で有料会員限定の特典が受けられるのですが、果たして食べログプレミアム会員には月額300円の価値があるのか?について考えてみます。

プレミアムって何ができるの?

300円の価値があるかどうかを判断する前に、まず有料プランで「何ができるのか?」が知りたいところです。食べログのプレミアムには、大きく2つのサービスが提供されます。

プレミアムクーポン

ぐるなびやホットペッパーと同様に、食べログにも飲食代が割引となるクーポンがあります。(これは無料会員でも利用可能)

一部の店舗において、このクーポンの割引率をさらに強化したものが、「プレミアムクーポン」として有料会員に提供されます。

ランキング・こだわり検索

有料会員になると、携帯でのランキング検索やこだわり検索ができるようになります。ただし、ランキング検索はモバイルサイトではできないのですが、デスクトップやノートパソコンでは普通にできます。つまり、無料会員だと「外出先でランキング検索ができない」ようになっています。

以上です。(たったこれだけ???)
一応、その他にも日記機能や広告非表示など、地味な機能があります。しかし、毎月300円も払うわりに、そこまで大した事ができないじゃん。。と思ってしまいますよね。

参照:プレミアムサービス「食べログ」

40万人のユーザーが利用

f:id:qooton:20140624230633j:plain

つい先日、食べログが「有料会員の数が40万人になった」と発表しました。これだけでも月収1億2,000万円、年間14億円の売上があるのですから凄いものです。。。40万人のユーザーが毎月300円を払ってプレミアム機能を利用していると考えると、非常に多くの人がプレミアムサービスに価値を見出しているのだな。と思えますよね。

ちなみに、食べログの月間利用者数は5,748万人(これまた凄い)なので、有料会員の割合は0.7%程度となります。パーセンテージで見ると、やっぱりお金を出してまで食べログを使おうとする人は限られていることがわかります。

参照:食べログ、「プレミアム会員」が累計400,000人を突破!

実は私、有料会員入ってます

と、ここまで言っておいてなんですが、実は私は食べログのプレミアム会員に入ってます。毎月300円+税を払って有料サービスを利用しているのですが、この金額は高くもなく安くもなく、妥当だなと感じています。

まず、プレミアムクーポンは利用したことが一度もありません。広告非表示も気にならないですし、日記とかも付けません。私が300円の価値を感じるのは、一番どうでもよさそうな「モバイルでのランキング機能」です。「どうせなら外出先で少しでも美味しいものが食べたい、旅行に行った時に人気のお店に立ち寄りたい。」そう考えると、300円払うのも納得できるなと思って、今でもプレミアムサービスを利用し続けています。

これは噂で聞いた話なので、実際はどうなのかわかりませんが、食べログのちょっとしたエピソードがあります。食べログには当初、有料会員サービスがありませんでした。完全無料のままスタートし、とにかくユーザー数を増やすことだけに専念しました。そして、いよいよ利益を出すタイミングで、「どのタイミングで有料課金を始めるか、有料会員にどんなサービスを提供するか」について、社内で相当議論があったそうです。

で、食べログ社内で相当な議論を重ねた上で行き着いた結論が、「モバイルでのランキング検索だけ」だったのです。そして、そのモバイルでのランキング検索だけのサービスに私は毎月お金を支払い、私と同じくお金を払っている人が40万人おり、「モバイルでのランキング検索だけ」の有料サービスが毎年14億円の売上をたたき出しているのです。

結果を見れば、食べログのプレミアムサービスの内容、料金設定がいかにベストな選択であったかがわかります。

まあ、正直言うと有料会員向けにもう少し分かりやすいプレミアムサービスを拡充してくれるとありがたいのですが。

(書いた人:川原裕也

▼ 他にもこんな記事書いています ▼