クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

左右がとっさに判断できない「左右盲」な私が実践している矯正方法をまとめてみた

f:id:qooton:20140807160747p:plain

「左右の判断がとっさにできない」「左右を識別するのに時間がかかる」「右、左の言葉と方向が結びつかない」これ、実は私が良く経験していることで「何で他の人はパッと応えられるの?」と疑問に思っていたのですが「左右盲」という名前が付いているようです。

左右盲の特徴としては、以下のようなことが挙げられます。ちなみに全て私が実体験していることです。

  • 「はしを持つ方が右」と言われても分からない。
  • 教習所で「そこ左折」と言われてもすぐに反応できない。
  • 車のウインカーを出し間違える。
  • 道をナビゲートするのが非常に下手。
  • 自分で行きたい方向に曲がるのは良いが、人に言われると対処できない。
  • 人に右左を示すのに時間がかかる。
  • 視力検査で「右目隠して」と言われてもすぐに隠せない。
  • 視力検査で見えているのに、すぐに「右、左」が言えない。
  • 「→は左右どっち?」と言われると答えられない。
  • 上下は間違えない。

左右盲の原因とは?

左右盲は俗語で、病気や医学用語ではありません。

原因はまだ解明されておらず、一節には「左利きを右利きに矯正した人になりやすい」と言われていますが、私のように元々利き手が右利きでも左右盲な人はいるなど、まだまだ謎が残ります。

左右盲の改善策

左右盲はいつの間にか自覚するので「左利きを右利きに矯正しない」以外の根本的な解決策がありません。

私が普段の生活で意識している治し方や「すぐに右左言われても分からない」と言う人に指示する時の注意点をまとめてみました。

片方に特徴を付ける

f:id:qooton:20140807161142j:plain

「左手には結婚指輪をしているから、指輪がある方が左」「右手にホクロがあるから、ホクロがある方が右」というように、視覚や実感と結びつけることで左右判断のスピードを上げます。

体の特徴や普段身に付けているものから連想できるので「はしを持つ方が右」よりも、覚えやすいと思います。

「左右=エロ」で覚えるのは結構、効果的

f:id:qooton:20140807160757p:plain

左右=エロは非常にシンプルで印象に残りやすい覚え方です。

他にも「ひだり」「みぎ」の文字の書き方で覚える、というパターンも有効的です。漢字よりもひらがなに慣れている幼稚園児~小学生に使うと良いかもしれません。

f:id:qooton:20140807160809p:plain

周りに合わせる

f:id:qooton:20140807161019j:plain

「右手を挙げて」「左目を隠して」と言われた時に、周りに参考にできる人がいれば、それを真似します。

人より1、2テンポ遅れますが、自分の頭で考えるよりも楽で、正しい行動ができるのがメリットです。

右、左を使わないようにする

とっさに右左が分からなくても、自分が置かれている立場は分かります。

車だと「運転席側、助手席側」、道を歩いている時は「歩道側、車道側」「私がいる側」など、「右左」と言わずに視覚で判断できる物に言い換えて説明したり、指示してもらうと理解しやすいです。

相手に車の運転を任せて、道をナビゲートする時に「曲がる方の肩を叩く」というのも使えます。

「右○、左○」ではなく「右、左」と言ってもらう

左右盲だと「右、左」「右手、左手」あたりは、何とか理解できるのですが、あまり日常的に使われない「右折、左折」「右目、左目」になると、処理に時間がかかります。

一番良いのは「右左」の言葉自体を使わない方法ですが、やはり限界はあるので「右折左折と言われると分からないので、右左でお願いします」と相手に断っておくとスムーズです。

最後に

左右盲はある意味「不治の病」とも言えるので「自分は左右がとっさに分からない」という意識をしっかりと持つことが大切です。

意識と思考の癖付けをしていれば、右左が分かるまでの時間も短縮できるので、なるべく日常生活でも右左を考えるようにすると良いと思います。

また一緒に道を歩いたり、自動車に乗ったりする人には、あらかじめ言っておくのがお互いの為です。

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にもこんな記事書いています ▼