読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

大阪梅田のドン・キホーテ近くで見かける行列の正体は?博多 一風堂 梅田店でとんこつラーメンを食べてきた

f:id:qooton:20150203105137p:plain

大阪梅田に良く行く人であれば、激安ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の近くで、どの時間帯を見ても行列ができているお店を見かけたことはないでしょうか。

今回紹介するのは、ドン・キホーテ梅田店の大型スクリーンを背に、都島通りの交差点を挟んだ所にある博多とんこつラーメン「博多 一風堂梅田店」です。

博多 一風堂は博多発祥のラーメン店で全国各地に店舗があり、海外展開も行なっています。

なぜ全国チェーンのラーメン屋なのに近隣の店舗とは異なり、いつ見ても行列ができているのでしょうか?実際に体験してみました。

アクセス良好。11時~翌3時まで営業

博多 一風堂梅田店は、JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄の梅田駅、地下鉄東梅田駅からもほど近い、大阪の繁華街キタエリアに店舗があります。

都島通りに面しているので、HEP FIVEの観覧車やドン・キホーテを目印に行けば、すぐに見付かります。

営業時間は11時~翌3時(金・土曜日と祝日の前日は翌4時)。

ラーメン店はお昼過ぎになると一旦閉まる場合が多いのですが、博多 一風堂梅田店はその点に気兼ねせず行けるのがありがたいです。

行列に並ぶのは10~15分くらい

今回はランチタイムを避けて、休日の午後2時過ぎに行ったのですが、5人くらい先客が並んでいました。

その後、行列に並んでいた人の人数は最大で12人。いつ行っても行列に並ぶ覚悟はしておいた方が良さそうです。

本当にいつ見ても行列ができているので「今すぐラーメンが食べたい」と言う人以外であれば、多少先客が並んでいても、行列に加わって食べる他ありません。
 
f:id:qooton:20150203105346j:plain

外で待っていると店員さんがグループごとにメニューを渡して、注文を取っていました。

行列に並んでいた時間は約10分。店内に案内された後、座って数分後には注文したラーメンが来ました。
行列に並んでラーメンを食べるまでに掛かった時間は約15分と「待てない時間では無いな」と思いました。

席数はテーブル席とカウンター席を合わせて33席。
注文したラーメンなどを食べてすぐに帰る人が大半で、回転率は高いです。

定番人気は「白丸元味」と「赤丸新味」

博多一風堂は「白丸元味」と「赤丸新味」というタイプが異なる2種類のスープでとんこつラーメンを味わえます。

f:id:qooton:20150203105402j:plain

▲白丸元味玉子入り(780円)

白丸元味は一風堂の原点ともいえる、オーソドックスな一杯。

メニュー記載の「豚骨が苦手な方や年配の方にも親しまれています」通り、食べやすいまろやかな豚骨スープが特徴です。

豚骨ラーメンで良くある「油たっぷり、ギットリ感」はなく、普段からとんこつラーメンを食べ慣れていない私でも最後まで美味しく食べ切れました。

もう一杯の「赤丸新味」や、ピリ辛の肉味噌をトッピングした「一風堂からか麺」と比較しても、全く辛くないので「辛いのが苦手」「食べやすいとんこつラーメンが食べたい」と言う人には、白丸元味が向いています。

f:id:qooton:20150203105412j:plain

▲赤丸スペシャル(1,030円)
通常の赤丸新味に半熟塩玉子とチャーシュー+2枚、のり3枚が入った豪華仕様。

赤丸新味はスープに自家製の香味油と辛みそを加えた「辛め」のとんこつラーメン。

辛いモノが苦手な人でも麺だけならば「ちょっと辛いけど美味しい、でも辛い」と思うくらいの味です。

テーブルに置かれた調味料を使えば、もっと辛くてパンチの効いた味にもなります。

f:id:qooton:20150203105421j:plain

▲半熟塩玉子の半熟具合が素晴らしい

麺は「ふつう、カタ、バリカタ、粉おとし」から選べる。

f:id:qooton:20150203105336j:plain

一風堂の麺は細めですぐに食べ切ってしまうので、ついつい替え玉を頼んでしまうほど。

麺のかたさは「ふつう、カタ、バリカタ、粉おとし(湯にさっとくぐらせた麺)」から選べます。

個人的には「ふつう、カタ」がちょうど良いと思いましたが、食べ応え重視であれば「カタ、バリカタ」を選ぶと、お腹に溜まる感が出てきます。

替え玉は普通(120円)と小玉(70円)の2種類の大きさがあり「もう少しガッツリ食べたい」「他の麺の固さも味わいたい」という、人それぞれの要望にも応えてくれます。

私がラーメンを食べに行くと「1杯でお腹がいっぱい」となる場合が多いのですが、一風堂は「小玉くらいなら行けるなー」と思った程なので、おそらく他のラーメン店よりも麺の量が全体的に少ないのかもしれません。

ラーメン1杯でお腹いっぱいになりにくい分、ハカタノチカラ飯(自家製チャーシュー+明太子)や博多一口餃子などのサイドメニューも美味しく味わえるのはメリットですね。


値段は店舗によって異なります。
博多一風堂の公式Webサイトにある各店舗ページの「メニューを見る(PDF)」や、食べログなどのグルメ情報サイトで確認して下さい。

いかがでしたか?

博多一風堂がいつ見ても行列ができているのは、以下のような理由だろうな、と実際に体験して思いました。

  • お昼から深夜まで営業しているので、いつ行っても食べられる。
  • 店内の雰囲気的に「居心地の悪さ」を感じにくい。
  • 行列に並んでいても30分以内には食べられる回転率の高さ。
  • 白丸元味が1杯780円、赤丸新味が830円でそんなに高くない。
  • 「また食べたい」と思うような美味しい博多とんこつラーメンを提供。

f:id:qooton:20150203114858j:plain

木をふんだんに使った落ち着いた雰囲気の店内。BGMはジャズ。お冷代わりにルイボスティーが提供。

男性の一人客から子供連れの家族、男女カップルまで、客層は様々でしたが居心地良くラーメンが食べられました。

元々博多一風堂は「女性が一人でも気軽に入れるラーメン店」をコンセプトにしているので、女性の一人とんこつラーメンも難しく無さそうな雰囲気でした。

ただし夕方過ぎになると、いわゆる「濃いおっちゃん、お兄さん」と一緒に並ぶ、食べる率が高くなるので、まずは昼間や行列ができていない時間帯に行くことをおすすめします。

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にも大阪グルメに関する記事を書いています ▼