読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

書くことが健康への近道。ストレスフリーで毎日を過ごせる「3行日記」の書き方

生活のヒント 健康

f:id:qooton:20150306144404p:plain


嫌なことがあった時や不安で不安でどうしようもない時、自分の感情を紙に書いてみると、不思議とスッキリした経験を味わったことはないでしょうか。

「書くこと」は、自分の思いや感情を客観視することで、気持ちを切り替えたり、精神の安定を図ったり、具体的な対処法を見つけたりするのに効果的な手段です。

それを日常生活で取り入れてみれば、毎日をストレスフリーで過ごせるだけではなく「デキる人」になれそうな気がします。

しかしながら、ただ「書くこと」と言っても難しく、不安や愚痴ばかり毎日書くのもそれはそれでストレスが溜まりそうです。

そこで今回紹介するのが、順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが提唱する「3行日記」

「1日寝る前に3つの出来事を書く」という、いかにも続けやすそうなシンプルな方法ですが、3行日記には自律神経の乱れを改善して、不眠や体調不良、イラつきを軽減する効果があると言われます。

では具体的にどのような書き方をすれば良いのでしょうか。
基本的な3行日記の活用方法と、私が「こんな使い方も良いのでは?」と思う発展タイプの使い方を紹介します。

3行日記の書き方

3行日記を書くタイミングは「寝る前」

今日の日付と曜日
1行目……一番失敗したこと、嫌だと感じたこと、体調が悪かったこと
2行目……一番感動したこと、嬉しかったこと
3行目……明日の目標、一番関心があること

を順番に、なるべくノートなどに手書きで簡潔に書くのが良いです。

1行目は自分が抱えている負の感情やストレスを文章化(=明確に)することで「漠然とした気持ち悪さ」が軽減できたり、解決する方法が見えてきたりします。

2行目は「悪いこともあったが、良いこともあった」と気持ちをマイナスからプラスに切り替えに必要な項目です。
特に気分が落ち込んでいる時は「今日は一つも良いこと無かった」と思いがちなのですが、その中でも一つでも良いことを見付けることで、ちょっと気分が楽になります。

3行目は「今日は色々あったけど、明日も頑張ろう」と決意を新たにしたり「明日はこれを忘れずにやろう」と行動の筋道を立てたりすることで、1日の締めくくりを行ないます。

話は少し逸れますが、TVアニメ「とっとこハム太郎」では、主人公のロコちゃんが毎日日記を書いており、最後に「今日はとっても楽しかったね。明日はもっと楽しくなるよ。ね、ハム太郎!」で締めくくるのですが、それと似たようなものかな?と勝手に思います。

一日の出来事や自分の気持ちを、頭のなかで思っているだけではなく、文章としてアウトプットすることで、客観的に整理できるようになるのが日記を書くことの大きな意義のように感じます。

良かったことだけ書き留める

「失敗したことや嫌だと感じたことは、残しておきたくない」と思う人は、3行とも思いっきりポジティブなことを書くという方法もあります。

例えば……
・たこせんべいの里の梅小花が本当に美味しい。
・自分が投稿した病理相談が某雑誌に掲載された。
・今日は一日中晴天に恵まれており、体調が良い。

いわゆる「終わり良ければ全て良し」で、1日の最後を幸せな気分で過ごせます。
普段からネガティブ思考が強い人は、特に「ポジティブなことだけ書く」のは精神安定にも役立つように思います。

「手書きの日記を書くのは面倒。でもTwitterやLINE、Facebookに投稿するのは気が引ける」場合はポジティブ思考習慣 Happynote(今日良かったことを3つ書く3行日記アプリ)などを利用してみると良いと思います。

英語で3行日記

現在、英語など外国語の勉強をしている人は「勉強中の言語で3行日記を書いてみる」のも良いと思います。

「英語で日記を書こう!」と、最初から日本語と同じような長文を書こうとすると、結構しんどいので続かないことも少なくありません。

何かを習慣付ける為には「なるべくハードルを低くすること」が大切です。
3行日記は1日3行書けばOK、しかも書くテーマが既にあるので、後は頭に思い浮かんだこと3行だけ英語で書けば終わりです。

例えば……
・I was not getting much work done anyway.
・I received a reply from one of my favorite manga artist.
・Don't be late for the meeting place.

文法やスペル、用法が多少違っていても、まずは書いてみること。

  • 自分が言いたいことが英語で言えるようになる。
  • 語彙力、文法、ライティングスキルが上がる。
  • 英文を書くことや英語に抵抗感が無くなる。
  • 英語を日常的に使う機会ができる。

というのが、私が思う「英語で3行日記」のメリットです。

いかがでしたか?

「自分の憂鬱な感情をどうにかしたい」「もっとポジティブに生きてみたい」と思った時、家にある使っていないノートやメモ帳、手帳などに書いてみてはいかがでしょうか。

LINEやTwitter、Facebookなど「人に見られるのが前提になるSNS」ではなく、見る人が自分だけに限定される3行日記を書くことで、今までに無かった気付きが得られるかもしれません。
 
「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にも「書くこと」に関する記事を書いています ▼