クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

Twitterで世界各地の美術と親しもう!#MuseumWeek(#ミュージアムウィーク)の楽しみ方

f:id:qooton:20150324151306p:plain

2015年3月23日~3月29日の1週間、Twitterでは「Twitterを通して世界各国の美術館の素晴らしい文化を知ってもらいたい」として#ミュージアムウイーク(#MuseumWeek)が開催されています。

世界約58ヶ所、約2,200以上の団体(美術館、博物館、アーティストなど)が、美術・芸術関係の呟きを「#MuseumWeek」や「#ミュージアムウイーク」のハッシュタグを付けて公開。

ルーブル美術館(フランス)、スミソニアン博物館(アメリカ)、大英博物館(イギリス)など超有名所から、知る人ぞ知る美術館・博物館まで、非常に幅広い顔ぶれが、各館の見所や収蔵コレクションなどを紹介しています。

#ミュージアムウイークの開催は今回で2回目。
昨年は欧州を中心とした630の美術館・博物館で行なわれましたが、今回はヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アジアなど世界各国の団体が参加しています。

参加表明している団体と国は「Participants - #MuseumWeek 2015」で確認できます。

ミュージアムウイークの楽しみ方

@MuseumWeekのアカウントをフォロー

まず、ミュージアムウイークを楽しむ為には(@MuseumWeek)https://twitter.com/MuseumWeekのアカウントをフォローします。

後はハッシュタグ付きの呟きをRTしてくれるので、世界各国の呟きをTL上で眺めればOK。
気になるアカウントがあれば、個別にフォローしたり、見に行ったりしてみて下さい。

「@MuseumWeekでTLが埋め尽くされるのは困る!」という人は、別にリスト化して管理しておくことをおすすめします。

多くのアカウントが画像付きで呟いているので、言葉が分からなくても大丈夫。
Twitterの翻訳機能を利用すれば、何となく意味が分かる場合も多いです。

▲Bing翻訳によると「歴史・文学博物館 チェーホフとサハリン」で扱っている図版?を紹介しているようです。

▲ケ・ブランリー美術館(フランス)収蔵のカナック仮面

日替わりのテーマで深く掘り下げ

ミュージアムウイークでは曜日別にハッシュタグがあり、それぞれ異なる7つのテーマで美術館の魅力を紹介しています。

【月曜日3月23日】#secretsMW #秘密MW
美術館・博物館の秘密や舞台裏、収蔵コレクションにまつわる話など。

【火曜日3月24日】#souvenirsMW #お土産MW
写真、マグカップ、書籍、ポストカードなど、おすすめのお土産を紹介。

【水曜日3月25日】#architectureMW #建築MW
美術館・博物館の建築物や庭園、歴史、建築家にまつわる話など。

【木曜日3月26日】#inspirationMW #想像力MW
収蔵コレクションを始めとした、見た人の想像力をかき立てるような写真、風景を紹介。

【金曜日3月27日】#familyMW #家族MW
週末の家族連れや修学旅行生へ向けたおすすめポイントなど。

【土曜日3月28日】#favMW #お気に入りMW
お気に入りの作品や場所、料理メニューなど、美術館・博物館にまつわる「お気に入り情報」を紹介。

【日曜日3月29日】#poseMW #自撮りMW
写真や動画撮影が可能な作品や場所の紹介。

火曜日の#お土産MWの呟きはこんな感じ。
日本の美術館・博物館のお土産だけを集めてみても、各館によって特色が現れているのがよく分かります。


実際に行ってみる

f:id:qooton:20150304135259j:plain

#ミュージアムウィークのTLを眺めていると、今まで気になっていたけど、実際には訪れたことが無い美術館や博物館と出会うことが多々あります。

各美術館・博物館のTwitterアカウントを見れば、公式サイトへのURLが貼ってあるので、場所やアクセス方法も簡単に分かります。

春分の日も過ぎ、充分に暖かくなってきたので、近場であればちょっとしたお出かけがてらに美術鑑賞してみるのも良い時期です。

「この美術館には一度行ってみたいけど、気軽に行くには遠い……」という場合、大型連休を利用してみるのも良いと思います。ちなみに春の大型連休のGWまで、後1ヶ月ちょっと。そろそろ旅行の計画を立てても良い時期ですね。

いかがでしたか?

「最近、美術館賞していないけど、どこか面白そうな所は無いだろうか」「実際には行けないけど、世界の美術館・博物館を知りたい」という人は、是非とも#ミュージアムウィークを活用してみて下さい。

クートンブログでは「お、これは!」と思った、美術・芸術関係の情報を随時紹介しています。
また興味あるネタがありましたら、積極的にシェアしていきたいと思いますので宜しくお願いします。

▼ 他にもこんな美術に関する記事書いています ▼