読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

データローミングより便利でお得!海外旅行でネットを使うならWi-Fiレンタルが良い3つのメリット

f:id:qooton:20150505175137j:plain

海外旅行でインターネットを使うには、4通りの方法があります。

  • 各携帯会社の定額プランを利用する
  • 各国の無料Wi-Fiサービスを利用する
  • SIMフリーのスマホやWi-Fiルーター端末に、現地のSIMカードを入れて使う
  • 海外用のWi-Fiルーターをレンタルする

その中で「なるべく安い方が良い」「日本にいた時と変わらない感覚で使いたい」という人におすすめなのが、海外用のWi-Fiルーターをレンタルすること。

手のひらサイズの無線LANアクセスポイント(=Wi-Fiルーター)の電源を入れた後、スマートフォンやノートパソコンでパスワードを入力すれば、海外でもインターネットが使えるようになります。

海外用のWi-Fiは主要空港(新千歳空港・成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部空港・福岡空港)で受け取れる他、全国への宅配にも対応しています。

Wi-Fiレンタルを利用するメリット

海外パケット定額よりも料金が安い

各携帯会社の「海外パケット定額」に対応する機種を使っていれば、渡航前に簡単な設定をするだけでネット利用ができます。

ただし1日あたりの利用料金は、Wi-Fiレンタルは約1,000円、各携帯会社の定額プランは約2,000~3,000円と料金は割高。

例えば二泊三日の台湾旅行でネットを使いたい場合、Wi-Fiレンタルを使った方が、各携帯会社の定額プランよりも約6,000円近くお得になります。

Wi-Fiレンタルを使えば、携帯会社の海外定額プランを1日利用する金額で3日間も利用できるのは経済的ですね。

対象となる国によって料金が異なるので「今度、行く国のWi-Fiレンタル料金は、1,980円よりも安いかどうか?」を確認することをおすすめします。


【Wi-Fiレンタル】
利用料金=(1日のレンタル料金+各種オプション料金)×渡航日数

レンタル料金……600~1,000円/日
保証制度(紛失、盗難、故障など)……200~300円/日
予備バッテリー……200円/日

【各携帯会社の定額プラン】

f:id:qooton:20150505161635g:plain

パケット通信料……最大1,980円/日(約24.4MBまで)、どれだけ使っても最大2,980円/日

必要な時にササッと使える

無料のWi-Fiサービスは、近くにWi-Fiスポットが無いと意味がありません。

「ネット利用が必要な時に、すぐに使える」というのが、Wi-Fiレンタルの大きなメリットです。

【例】

  • 地図アプリや路線案内を使って、目的地へ迷わずに行ける
  • 翻訳アプリやサービスを使って、話せなくても意思の疎通が図れる
  • 買い物の際、日本で購入した時とどちらが安いか分かる
  • TwitterやFacebookにすぐに投稿できる
  • 迷子やトラブルに巻き込まれた時、SNSサービスやメールで連絡が取れる

複数接続に対応!家族や友達と一緒に使える

Wi-Fiは1つで5台までの接続が可能。
スマートフォンの携帯会社が人それぞれ違っても、同時に利用できるので、使い勝手が良いです。

レンタル料金は1台ごとの定額制なので、利用する人数でレンタル料金を割り勘をすれば、より安く使えます。

「1日のデータ通信料が決まっているのに、複数人で使うとあっという間に越えるのでは?」という心配もありますが、動画を見るなど大容量のデータ通信が必要な行為さえしなければ、複数人の利用でも問題なく使えると思います。

利用の際の注意点

短時間に大容量の通信はNG

海外用Wi-Fiレンタルは使い放題ではなく、短期間に大量のデータ通信を行なうと、通信の制限がかかり、インターネットに接続できなかったり、極端に通信速度が落ちたりする可能性があります。一度、通信制限が発生すると復旧ができません。

これはデータ通信の公正利用の為の国際的な方針(Fair Usage Policy)に基づくもので、日本での普段の生活と同じような感覚(動画の閲覧、ネット通話、大容量ファイルのダウンロード、オンラインゲームなど)での利用は極力控えた方が安心です。

海外用Wi-Fiルーターのデータ通信量の目安(1日あたり100MB)は以下の通りです。

f:id:qooton:20150505171926p:plain

画像:意外と知らない!?海外Wi-Fiの4つの基本 Wi-Ho!

モバイルバッテリーは必須

エレコム モバイルバッテリーiPhone&android対応 単3形乾電池式 ホワイト DE-U01D-1908WH

Wi-Fiのバッテリーの持ちは連続接続で4時間程度。

どう頑張っても1日持たないので、各レンタル会社の予備バッテリーを利用する(有料オプション)または、モバイルバッテリーを購入するなどで、利用環境を確保する必要があります。

いかがでしたか?

「海外旅行中、ネットは全く使わない」という人は、カフェやコンビニ、空港などの無料Wi-Fiスポットを利用するのも一つの方法です。

ただし「接続が分からなかった」「どこにWi-Fiスポットがあるか分からなかった」ということも少なくない(実体験)ので、事前に良く調べておく必要があります。

私の場合、海外旅行中に「こんな時にネット接続できれば便利なのに」と思うことが多々あったので、特に1人旅や1人行動が多い人は、多少お金がかかってもWi-Fiルーターのレンタルを利用した方が色々と助かるかもしれません。

主要な海外用Wi-Fiレンタルブランドは以下の通りです。

  • グローバルWiFi
  • グローバルデータ
  • テレコムスクエア Wi-Ho!
  • ユーロデータ basic
  • JALエービーシー

レンタル料金や通信の速度と安定感、利用可能な地域、サポート体制はそれぞれ微妙に異なるので「今度自分が旅行に行く国で、最も使い勝手が良さそうなのはどれか?」を比較してからの利用をおすすめします。

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にもこんな旅行に関する記事書いています ▼