読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

ガウチョパンツはトイレに行く時が大変……床にすそが付かなくなるシンプルなアイディア

DIY 生活のヒント

f:id:qooton:20150811101646p:plain

今年大流行中のガウチョパンツ

南米の民族「ガウチョ」が履いていたパンツを元にしたもので、すそが広がったゆったりしたシルエットが特徴的です。

「着心地が良く、動きやすくて、体型カバーにもなる」として、多くの女性が履いているガウチョパンツですが「下ろすとすそが床に付くので、トイレに行きにくい」という声も多く聞かれます。

私もガウチョパンツを持っており、前々から「トイレに行くのが大変な件」で悩んでいました。

調べてみると「ヘアゴムを使って、すそを足首に固定する」「すそをたくし上げて、パンストやベルト部分に挟み込む」「洗濯ハサミですそをベルト部分で留める」など、様々なアイディアが出ていましたが、どれも道具を用意したり、確実性が無かったりで面倒そう……。

という訳で、一度取り付ければ、後は手ぶらでOKなリボンを使った「床にすそが付かなくなる方法」を試してみたので紹介したいと思います。

用意するもの

f:id:qooton:20150811093426j:plain

  • リボン10cmを2本
  • 針と糸
  • ハサミ

使用するリボンは、ガウチョパンツの表には出ないので「太め」であれば何でもOKです。

今回は端の処理(ほつれ止め)はせずに使いましたが、気になる人は接着剤やマニキュアを塗ったり、ライターや着火マンで熱処理(化学繊維のリボンの場合)をしたりして下さい。

糸はガウチョパンツの生地と同系色にすると、縫い目が目立ちません。

すそにリボンをぬいつける

ガウチョパンツを裏返して、わき部分のすそから約5cmの所にリボンをぬいつけます。

外から見えなければ、リボンの向きは縦横どちらでも大丈夫です。

f:id:qooton:20150811094841j:plain

f:id:qooton:20150811093429j:plain

両方のすそにリボンを付ければ完成です。

実際に使ってみる

トイレへ行ってガウチョパンツを下ろす前に、ガウチョパンツ全体をまくり上げて、端に付けたリボンをガウチョパンツのベルトループ(前部分)に結びます

f:id:qooton:20150811093428j:plain

後は「ちょっと床に付きそうだな……」と思う部分を持ってガウチョパンツを下ろせば、かなり床にすそが付きにくいのを実感できると思います。

いかがでしたか?

トイレに行く時、ガウチョパンツのすそが床に付きにくくなる方法としては、

  • ベルトの近くとすそにスナップボタンを付ける(下ろす前にスナップで止める)
  • すそ部分にリボンやゴムを通す(下ろす前にリボンやゴムで、すそをギュッと締める)

というのも考えたのですが「すそにリボンを付ける」が、一番手間なく材料も少なくできる方法かなと思います。

今後もまだまだ続きそうなガウチョパンツブーム。
各アパレルメーカーにはトイレ対策に「すそにリボン付け」を是非とも実践して欲しいものです。

(書いた人:昼時かをる)