読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

万博記念公園が最大1570円割引に!?年3回の入園無料デーを見逃すな

旅行 節約

f:id:qooton:20150915142544j:plain

1970年の日本万国博覧会(大阪万博)の開催跡地であり、岡本太郎の「太陽の塔」があることでも、有名な万博記念公園。

場所が「大阪府吹田市」という立地上、交通費が割高になりやすく、入園料や入館料が何かとかかる為「気軽に行きにくい観光スポット、遊び場」というイメージがあります。

そんな大阪万博記念公園ですが、年3回、入園料や入場料が無料になる日があることをご存知でしたか?

大人1人あたり最大1570円以上割引となれば、浮いたお金を交通費や飲食代に回すことができるので、かなり安く楽しめます。

大阪万博記念公園をお得に遊び倒せる「入園無料デー」について紹介したいと思います。

年3回の入園無料デー

万博記念公園の入園無料デーは年3回、5日間

毎年3月、9月、11月に開催されており、毎年日程が異なります。

  • 万博記念公園ふれあいの日
  • 万博公園無料開放デー
  • 関西文化の日(秋の無料デー)

万博記念公園ふれあいの日

大阪万博の成功を記念して、大阪万博が開幕した3月15日の直近の日曜日を「万博記念公園ふれあいの日」としています。

万博公園無料開放デー

大阪万博の成功を記念して、大阪万博が閉幕した9月13日の直近の週末の一日を「無料開放デー」としています。

ふれあいの日とは異なり、土曜日に開催される場合もあります。


券売機のシャッターが降りているので、張り紙をきちんと読まないと「あれ?今日、休み?」と思ってしまうくらい。

f:id:qooton:20150915142605j:plain

f:id:qooton:20150915142611j:plain

関西文化の日

f:id:qooton:20150915143155j:plain

毎年11月の期間中、関西(福井、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、徳島、鳥取)の美術館や博物館、文化ホールなどの入場料が無料になります。

万博記念公園も対象施設の一つで、2015年は11月14日(土)~15日(日)の2日間が無料で利用できます。

入園・入館無料になる施設一覧

万博記念公園で入園・入館無料になる施設は以下の通りです。

  • 自然文化園
  • 日本庭園
  • 国立民族学博物館
  • EXPO’70パビリオン
  • 大阪日本民芸館

全ての施設を見て回ろうと思うと「大人1人あたり1,570円」と、なかなか割高なのですが、それらが全て無料なのは非常にお得ですね。

特別展が開催されていれば、それも無料(一部施設を除く)になります。

今まで「料金が高くて行けないな……」と思っていた所も、無料で開放されているので、気になる施設があれば訪れてみて下さい。

※バーベキューコーナーや夢の池サイクルボート、万博おもしろ自転車広場、森のトレインは有料です。

自然文化園・日本庭園(共通)

f:id:qooton:20150915143447j:plain

【自然文化園】
パビリオン撤収後、自然の森を再現した自然公園・総合公園。
太陽の塔を間近で見られます。

基本的に万博記念公園を利用するには、自然文化園の入園料が必要です。

【日本庭園】
万博出展の為に造園。
上代・中世・近世・現代の4庭園で構成された池泉回遊式庭園。

個人料金
大人:250円、小中学生:70円

国立民族学博物館

National museum of ethnology Japan.jpg
"National museum of ethnology Japan" by No machine readable author provided. Fk assumed (based on copyright claims). - No machine readable source provided. Own work assumed (based on copyright claims).. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via Wikimedia Commons.

民族学・文化人類学を中心とした研究・展示を行なう博物館。
オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア各地域の地域展示が行なわれています。

常設展示だけでも所要時間が3時間以上かかるので、1日の時間配分には要注意。

個人料金
大人:420円、大学・高校生:250円、小・中学生:110円

※国立民族学博物館では、別途「無料観覧日」を設けており、こどもの日、敬老の日、文化の日、成人の日は無料で観覧できます。

また毎週土曜日は、小学生・中学生・高校生は無料。

無料観覧日に自然文化園(有料区域)を通行して来館すると、入園料(250円)がかかるので、有料区域を通行しない、大阪モノレール「公園東口駅」からの利用がおすすめです。

EXPO'70パビリオン

f:id:qooton:20150915143518j:plain

万国博覧会開催当時のパビリオン「鉄鋼館」を利用した、大阪万博の記念館。
当時の内部ホール「スペースシアターホール」も見られます。

個人料金
大人:200円、中学生以下:無料

大阪日本民芸館

今週末の9月12日(土)は万博記念公園の無料入園デーです。大阪日本民芸館は第2展示室から第4展示室まで無料でご覧いただけます。第1展示室で開催中の秋季特別展は、特別割引料金でご覧いただけます。皆様のご来館をお待ちしております。

Posted by 大阪日本民芸館  Osaka,Japan Folk Crafts Museum on 2015年9月7日



万博のパビリオンとして建設後、柳宗悦の提唱する「民藝運動」の西の拠点として開館した民芸館。

個人料金
大人:700円、大学・高校生:450円、小・中学生:100円
※特別展は有料

いかがでしたか?

万博記念公園での過ごし方は人によって様々。

「園内を散策して、四季折々の草花を愛でる」、「芝生で目一杯、体を動かす」、「美術・芸術鑑賞をする」、「イベントに参加する」などなど。

敷地はかなり広く、見どころ&遊び所も数多くあるので、1日クタクタになるまで楽しみ尽くしてみて下さい。


また2015年11月19日(木)には、万博記念公園内に日本最大級の大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」がオープンします。

8つの大型エンターテインメント施設と全305店舗の「三井ショッピングパーク ららぽーと EXPOCITY」や、シネマコンプレックス「109 シネマズ大阪エキスポシティ」、日本一の大観覧車「オオサカ ホイール(Osaka Wheel)」など、見どころたくさん。

今まで「大阪万博記念公園まで行く機会が無いな……」と思っていた人でも、訪れる回数は増えるかもしれませんね。

(書いた人:昼時かをる)