読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

「いかにも」じゃない自作グッズを作ろう!キャラモチーフのイメージアクセサリーの作り方

f:id:qooton:20160408110502j:plain

大好きな作品をいつでも身近に感じていたい。
だけど公式で出ているグッズは、キャラやキャラ名がすぐに分かるので、日常生活で持ち歩きにくい……。

という悩みを抱えたこと、一度や二度では無いと思います。

「オタクだと指差されず、さり気なく持ち歩きたい」「分かる人には分かるけど、見た目は普通のアクセサリーに見えるものが良い」という人に人気なのが、キャラクターや作品をイメージして作られた「イメージアクセサリー」です。

あまり公式では取り扱うことが少ないジャンルなので、ハンドメイドする人が多く、TwitterやInstagramなどを覗いてみると「#(作品名)手芸部」のハッシュタグで、各自が作ったイメージアクセサリーを見ることができます。

素敵な作品たちを見ていると「自分も作りたい!」と思ってしまいますが、実際にどのように作れば、自分だけのイメージアクセサリーが作れるのでしょうか?

今回は「モチーフとなるパーツを組み合わせて作るタイプ」の作り方を紹介したいと思います。

モチーフを考える

使うもの:パーツ、チャーム、プラ板
例:名前、誕生日、好きな物、服装、身に着けているもの、イメージ


「キャラや作品のイメージに合うアイテム」を、まず考えます。
アイテムによっては、アクセサリーパーツとして無い場合も考えられるので、連想ゲーム並に色々と思い浮かべてみましょう。

f:id:qooton:20160408093536j:plain

▲キャラのイニシャル、次男の「2」、それっぽいイメージで選んでみました。

色を考える

使うもの:ビーズ、石、カラーパール、リボン、タッセル
例:髪、目、肌、服装

基本的にパーツやチャームは「金」「金古美」「銀」の色合いしか無いので、差し色も考えます。

キャラクターによっては既にイメージカラーがある場合も多いので、キャラクターのカラーに合う色を探してみましょう。ちょっと色違いを揃えてみて、グラデーションにするのも良いですね。

f:id:qooton:20160408093035j:plain

▲キャラのイメージカラーが「青」なので、原作と似た色&同系色をチョイス。

イメージに合う材料を揃える

「イメージアクセサリー作りに、こういうのが使えそう」と目星を付けたら、実際にアクセサリーパーツを扱っているお店に、自分のイメージ通りのパーツがあるかを確認します。

私は関西在住なので、貴和製作所/Parts Club(パーツクラブ)/ブルックリンチャームあたりを良くチェックしています。

貴和製作所とParts Club(パーツクラブ)では、オンラインショップもあり「自分が欲しいパーツが売っているかどうか分からない」という時に、現在発売されている商品を確認できるのが便利です。

定番商品以外のパーツは商品の入れ替わりが意外と激しいので、気に入ったパーツがあれば、キープしておくことをおすすめします。

www.kiwaseisakujo.jp

www.partsclub.jp

blog.qooton.co.jp

無ければプラ板で自作する手も

銀鳥産業 工作用プラバン ちぢみくん B6/透明 P-TB6F

「欲しいパーツが、どこを探しても見つからない」という場合は、プラ板で自作する手もあります。

プラ板とは「透明なプラスチックの板」のこと。

大人可愛いプラバン小物とプチかわアクセサリーかんたんアレンジ85 (コツがわかる本!)

オーブントースターで焼くと、縮み上がって固くなる性質を活かして、絵や模様を描いたり、色を付けたり、好きな形に切り取ったりして、自分好みのパーツを作ることができます。

プラ板を利用したアクセサリーは「プラ板アクセサリー」として、ハンドメイドの1ジャンルとして根強い人気があります。

Youtubeやニコニコ動画などでは、プラ板アクセサリーの作り方を紹介している動画が数多く挙げられているので、作る際の参考にしてみて下さい。


アクセサリーの形を決める

パーツの種類や大きさ、数によって、それに似合うアクセサリーの形態が異なります。

「どんなアクセサリーにするかは決めていないけど、とりあえず何か作りたい」という場合は、まずは手に入ったパーツを活かして何が作れるか?を考えてみましょう。

パーツを組み合わせて作るアクセサリーであれば

  • イヤリング、ピアス
  • ネックレス
  • セーター留め
  • かんざし
  • 帽子留め
  • ブレスレット、アンクレット
  • バッグチャーム
  • キーホルダー

あたりが普段使いしやすく、作りやすいでしょうか。

私は普段からアクセサリーを身に着ける習慣があまり無いので、今回はミニカバンに着ける用の「バッグチャーム」を作ってみることにします。

実際に作ってみる

パーツを繋げて作るアクセサリーの場合「丸ヤットコ/平ヤットコ/リッパー」は必要不可欠。

アクセサリーパーツを取り扱うお店によっては、購入したパーツでアクセサリーを作る用のスペースと工具を貸し出してくれる所もあるので、工具を持っていない人でも気軽に作れます。

後はパーツに応じて「丸カン、Tピン、9ピン、チェーン、留め金具」を用意します。

特に注意したいのが「丸カンの大きさ」。
使うチェーンやパーツによっては、丸カンのサイズが大き過ぎる/小さ過ぎるで、入らない場合があります。

迷った時はお店の人に「このチェーンとパーツを組み合わせたいのですが、適した大きさの丸カンorCカンはどれですか?」と相談してみて下さい。

必要なものが揃ったら、後はひたすら「どうすれば良い感じに作れるか?」を考えながら、手を動かします。


【ミニカバン用のバッグチャーム】

f:id:qooton:20160408110512j:plain

材料
カニカン ゴールド:2個
スカシパーツ 花六弁 約22mm ゴールド:1/2個※
スワロフスキー・クリスタル #6010 アクアマリン :1個
十字架:2個
コットンパール ゴールド:2個
パール:2個
スワロフスキー・クリスタル #5000:2個
イニシャル「M」:1個
イニシャル「K」:1個
スワロフスキー・クリスタル #5000 カプリブルー:3個
チャーム ナンバー「2」:1個
リボン(水色)22cm:1本
チェーン約30cm:1本※
丸カン小:8個
丸カン大:1個

※花六弁をリッパーで半分に切り、ヤスリをかけたものを使用。
※今回はカニカンがチェーンの輪で留められるタイプを使用。

アクセサリー作りの参考動画

あくまでも「自分で楽しむ範囲」で。著作権には要注意

今回紹介したキャラモチーフのイメージアクセサリーの作り方は、あくまでも「自分で作って使って楽しむ」ことを前提としています。

特に「アクセサリーに、キャラクターのイラストや名前、作品のロゴやマークを入れる」という場合は、個人使用の範囲内であれば大丈夫(公式から黙認されやすい)のですが「ファンアートを越えて、不特定多数の人に売る」となると商業利用と見なされて、著作権侵害になる可能性が高まります。

この手の話はなかなか線引が難しい所ではありますが「公式の迷惑にならないよう、個人の範囲内で楽しむ」という意識を忘れないようにして下さい。それでは良い制作を。

(書いた人:昼時かをる)