クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

ふわとろチーズケーキだけじゃない! 淀川花火大会で唐揚げを買うならボナボン(十三)を激推ししたい

f:id:qooton:20160525151835p:plain

阪急十三駅東口から徒歩6分。
淀川の土手沿いにある手作りケーキとコーヒーの専門店 Bon'n'Bon (ボナボン)

TVや雑誌で何度も紹介されたふわとろチーズケーキ「チーズココ」でも有名なカフェですが、なにわ淀川花火大会当日は山盛り唐揚げを是非ともおすすめします。

花火大会当日は早期閉店&露店販売

ボナボンはお店の目の前に淀川の河川敷があり、なにわ淀川花火大会の十三会場から非常に近い所にあります。

その為、例年、開店(8時)から15時まで※はお店を開けて、15時以降は店先で露店を行なっています。
※2015年は夕方に雨が降ったこともあり、花火大会が開始される17時まで雨宿りを兼ねてお店を開けていたそうです。

露天では唐揚げ、枝豆、生ビール、ジュースなどを販売。

十三会場の近くは至る所で露店や出店が出ていますが、唐揚げをどこで買うか悩んでいるなら、当店を強くおすすめします。

f:id:qooton:20160427175231j:plain

▼こちらのお店もおすすめです▼
blog.qooton.co.jp

山盛り唐揚げ(1,000円)

f:id:qooton:20160425173913j:plain

屋台で食べるよりも絶対に美味しい唐揚げです。冷めてもジューシーな味わい。

ゴルフボール大の唐揚げが17個も!友達や家族3~4人で食べても充分な量です。

外はパリッと中は肉汁が溢れるほどジューシー。ガツンとした味付けで、何個食べても飽きず、ついついビールが進みます。

使っている油が良いのか、何個食べても胃もたれがしにくい。

店長さんが「9割の人が持ち帰りになる」と言うのも納得のボリューム感です。

f:id:qooton:20160510174035j:plain

f:id:qooton:20160510174037j:plain

通常、店内で食べる場合は持ち帰り用のパック&手提げ袋のサービス付き。
なにわ淀川花火大会当日の露店販売時も、このような形での提供になると思います。

行き方

阪急十三駅の東改札口を出て、阪急の高架線沿いにまっすぐ歩いて行くと、淀川の河川敷に行き当たります。
後は左に曲がるとマンションが立ち並ぶエリアがあり、もう少し歩くと「Bon'n'Bon ケーキカフェ*ボナボン」の看板が見えます。

f:id:qooton:20160427175020j:plain

もう少し具体的に言えば、

0.阪急十三駅の東改札口を出る(西改札口に出ても地下通路を通れば東口に出られる)
1.ケンタッキーフライドチキンと宮っ子ラーメンの間の通りを進む。
2.16号線を渡る。
3.交番と自転車置場の間の通りを進む。
4.河川敷の幅広の道路に突き当たる。
5.左に曲がる。
6.ひとつ目のマンションを通り過ぎる。
7.二つ目のマンションの1階にテラス席があるのが見える。
8.ボナボンに到着。

……という感じです。

淀川花火大会当日は、交通規制の関係で紹介した最短ルートが通れない可能性もあります。

その時はとりあえず河川敷を目指して歩いてみて下さい。分かりやすい立地にあるので、場所さえ分かっていれば、迷うこと無くたどり着けると思います。

店内の雰囲気

f:id:qooton:20160510174125j:plain

閑静な住宅街&淀川の土手沿い、開放感あるオープンテラスが目印です。

静かで居心地が良く、ディナータイムを少し過ぎた頃に行った時には、カップルや女の子の二人連れ、家族連れがゆっくりと食事やデザートを楽しんでいました。

席数は55席(店内が35席、テラス席が20席)。

f:id:qooton:20160510175338j:plain
店内:テーブル3名席×3、4名席×2、大テーブル13名、ソファー席5名席

f:id:qooton:20160510175350j:plain
テラス席:テーブル5名×4

営業時間は以下のとおり。

日~木 8:00~21:00
金・土・祝祭前日 8:00~23:00

朝から晩まで営業しているので
「一人でゆったりモーニング」、「友だちと一緒にランチorカフェ」、「恋人とディナー」など、様々な用途で使えそうです。

チーズフォンデュ以外の単品も美味しい

f:id:qooton:20160427175518j:plain

ボナボンでは看板メニューに「チーズフォンデュコース」があるのですが、単品の料理もかなり美味しいです。

今回は人気メニュー&店長さんおすすめメニューを中心に

  • 山盛り唐揚げ(1,000円)
  • 生ビール(アサヒ)(480円)
  • ぷりぷりえびの海鮮クリームドリア(950円)
  • 厚切りベーコンときのこのとまとカルボナーラ(1,080円)

チーズケーキ(380円)

  • チーズココ(380円)

をいただきました。

ディナータイムで2人で4,780円。

ぷりぷりえびの海鮮クリームドリア950円

f:id:qooton:20160425173919j:plain

大きなエビとイカ、あさりの魚貝類がたくさん入った、クリームソースのドリア。

運ばれてきた時のグツグツ感が食欲をそそります。

焼き加減が抜群で、チーズとパン粉の焦げ目と香りが良い感じ。エビもしっかり焼いてあるので、尻尾まで食べてしまいました。

厚切りベーコンときのこのとまとカルボナーラ1,080円

f:id:qooton:20160425173925j:plain

「一度食べた人は必ず二度食べに来る」と店長さんがおすすめなのが「とまとカルボナーラ」。

食べた時にクリームの旨味だけではなく、黒コショウのピリッと利いたスパイスが、味をより引き立ててくれます。
厚切りのベーコンとしめじもベストコンビネーション。

カルボナーラ系は、どうしても途中からクドさを感じやすいのですが、トマトが入ることで酸味が加わって、サッパリとした味わいになり、最後まで美味しく食べられます。

一見、量が少なそうに見えますが、お皿が深皿になっている為、クリームと具材、パスタはぎっしり入っています。量は1.5人分前後くらいでしょうか。

今までトマトを使ったカルボナーラを食べたことが無かったので、カルボナーラとトマトの意外な相性の良さに気付かされました。

トマトの「ちょびっと入っている」加減が絶妙で、時々しかトマトと出会わないのもあって「またトマトとクリームが絡まったのが食べたいなー」と思わせる、そんな一皿になっています。

とまとカルボナーラの美味しさが上手く伝えられないのが非常に残念ではありますが、実際に食べてみると「これは、また食べたい」と思う気持ちが良く分かってもらえると思います。

チーズケーキ

f:id:qooton:20160425174000j:plain

「今まで食べていたスフレチーズケーキとは何だったのだろう」と正直思ったほど、しっとりとしてキメが細かく濃厚な味わいのスフレチーズケーキです。

従来の「パサパサッ」としたイメージをガラリと変える、舌触りの良い味わいで「チーズケーキは好きだけど、スフレチーズケーキはパサパサしていて苦手」と普段から言う連れも「美味しい」と絶賛するほど。

ナチュラルな甘みが良く利いているので、一緒に頼んだ砂糖なしアイスティーと良く合いました。

チーズココット

f:id:qooton:20160425174011j:plain

一言で語るなら「チーズケーキみたいなプリン」。

見た目はちょっと固そうに見えるのですが、スプーンを入れると、中はとろっとろ。プリンもチーズケーキも好きな人ならば絶対に好きになる味です。

提供したては器のココットも温かくて、食べていると幸せな気持ちになれます。

▼あわせて読みたい花火大会の記事▼
blog.qooton.co.jp

いかがでしたか?

チーズフォンデュや、ふわとろなチーズココで有名なボナボンですが、なにわ淀川花火大会当日は唐揚げを買いに行きましょう。

山盛り唐揚げがめちゃくちゃボリューミー&ガツンとした味付きで、何個食べても食べ飽きません。
ただし途中で「レモンが欲しい」と思う可能性が多々ある(それだけ量が多い)ので、どこかでレモン(果汁)を調達しておくことをおすすめします。

ちなみに十三駅西口の方だと「からあげ 鳴海屋」も有名ですね。
例年、早い時間帯(午前中!)で売り切れてしまうので、確実に唐揚げを食べるならば予約が必須。

当日は15時頃にお店を閉めた後に店頭で露店を出す際は、ケーキは販売していません。
「TVで紹介されていた、あのチーズココが食べたい」という場合は、早めの時間帯にお店へ行きましょう。

閉店前にケーキをテイクアウトする→花火大会の会場で食べるという方法もありますが「例年そんなに(売れない)」と言う話だったので、また別の機会に訪れた方が良さそうですね。

ボナボン (Bon'n'Bon)公式サイトはこちら
住所:大阪府大阪市淀川区十三東1-20-3 ザ・グランビュー大阪 1F
電話番号:06-4805-8780
営業時間:日~木 8:00~21:00、金・土・祝祭前日 8:00~23:00
※なにわ淀川花火大会当日は15時頃閉店。店先にて露店を出す。
定休日:不定休

▼十三駅の周辺ならこちらのお店もおすすめ▼
十三駅周辺のグルメ

▼TOPページはこちら▼
なにわ淀川花火大会 非公式マップ2016