読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

新梅田食道街初心者でも安心!居酒屋&鉄板焼き「ここ家」は女子会やサクッと飲みにおすすめ

f:id:qooton:20160525164232p:plain

大阪駅御堂筋口から阪急百貨店や阪急「梅田駅」へ行く際に、必ず見かける新梅田食道街

1950年(昭和25年)に開業した飲食店街で、元々は旧国鉄時代の施設関係の退職者に対する救済事業として始められました。

開業当時は18店舗でしたが、現在は約100店舗が営業中。

新梅田食道街は駅近にある有名な飲食街の一つですが「今までお店に入って食べたことはない」という人も多いのでは無いでしょうか?

通路は狭く、全体的に年季が入った佇まいで「濃いおじさん達が飲んでいるイメージ」があり、何となく敷居が高くて、実際に私も今まで通路は通ったことはあっても、お店で食べたことはありませんでした。

今回、訪れた鉄板居酒屋 ここ家(ここや)は、数ある新梅田食道街の飲食店の中でも、初心者&女性だけでも気軽に入りやすいお店です。

鉄板料理を中心としたリーズナブルな居酒屋なので「新梅田食道街のお店は、気になってはいたけれど、ちょっと行くには勇気が要るな……」と思う人にもおすすめします。

営業時間は23時30分と夜遅くまで営業していますが、ドリンク以外のラストオーダーが22時30分と早め(ドリンクは23時)なので、二軒目のお店として訪れる際はご注意を。

行き方

梅田駅や大阪駅から徒歩5分。新梅田食道街の2階にお店があります。

新梅田食道街の入り口(JR大阪駅→阪急梅田駅へ向かう際に見える方の出入り口です)

f:id:qooton:20160518120937j:plain

シュークリームで有名な洋菓子店「HIROTA(ヒロタ)大阪駅東口店」の近くにある階段で2階に上がります。

f:id:qooton:20160518120943p:plain

左へ行った後、一本目の通りを右に曲がれば、すぐ右手側に「ここ家」があります。

f:id:qooton:20160518120955p:plain

f:id:qooton:20160518121026p:plain

f:id:qooton:20160518121050j:plain

店の雰囲気

f:id:qooton:20160518121151j:plain

中の印象は「小洒落た居酒屋さん」と言う感じでした。

お店は「女性にも入りやすいお店を」をコンセプトにしており、自然木を利用した内装と間接照明で落ち付いた雰囲気のお店です。

f:id:qooton:20160518121203j:plain

新梅田食道街には初めて訪れた為、建物と通路の雰囲気と店内の雰囲気には良い意味でギャップを感じました。
(食道街自体がかなり年季の入った建物と通路の内装だったので……。)

食事中も仕事終わりらしき女性二人組やサラリーマンの男性数人が来店していました。駅チカで同僚と一杯やるにはぴったりだと思います。

高架下のお店なので電車の通過音がひっきりなし

新梅田食道街はJR大阪駅のガード下にある、という場所柄、列車の通過する音がかなり響きます。

JR大阪駅からの電車のほとんどが通過していると思うので、音はひっきりなしです。静かな環境で食べ飲みしたい人は、新梅田食道街は避けた方が無難かもしれません。

▼梅田ならこちらもおすすめ▼
blog.qooton.co.jp

必ず食べたい鉄板料理は約30種類

f:id:qooton:20160518121423j:plain

ここ家は「鉄板料理が売り」な居酒屋で、カウンター(12席)の正面がちょうど鉄板になっており、そこで注文した鉄板料理が作られています。

(※写真は正面でなくL字型テーブルの端っこから撮っています)

電磁使用の3cm厚の鉄板は、ガスや電気とは違い「外はパリッと、中はジューシー」に焼きあげることができます。

今回は肉系・魚介系・野菜系から一品ずつ注文してみました。

鉄板料理だけでも約30種類あるので、ここ家に訪れたならば、是非とも一品は頼んでみて欲しいです。

f:id:qooton:20160518125015j:plain

お通し

f:id:qooton:20160518121824j:plain

お通し有りのお店で、今回はポテトサラダでした。

ホルモンミックス味噌だれ炒め(780円)

f:id:qooton:20160518121835j:plain

肉系からは人気メニューの「ホルモンミックス味噌だれ炒め」。

甘じょっぱく熱い白ご飯にぶっかけてもりもり食べたくなる濃い目の味付け。
もやしもしゃきしゃきの店員さんおすすめメニューです。

ホタテのバター醤油焼き(780円)

f:id:qooton:20160518121900j:plain

魚介系からは「ホタテのバター醤油焼き」。

最初はそのまま、半分はレモンを絞って頂きました。
ホタテにバター醤油は鉄板の組み合わせですし、焼きたてはやはり美味しい!レモンの酸味も爽やかで相性が良い。

山芋焼明太マヨ(480円)

f:id:qooton:20160518121905j:plain

野菜系からは「山芋焼明太マヨ」。

山芋を使った料理なので「ほくほく系かな?:と思って食べてみると、予想以上に歯応えシャッキシャキという感じです。

焼き明太も香ばしく、女性にオススメしたいメニューです。

きゅうりの浅漬(380円)

f:id:qooton:20160518121915j:plain

焼き物が続いたので「あっさりしたものを」と思い注文。

ご飯が欲しくなりましたが、満腹近かったのでこれで食べ納め。

グレープフルーツジュース(350円)

f:id:qooton:20160518122439j:plain

ドリンクは地酒や焼酎、洋酒、カクテルなど種類が豊富。

f:id:qooton:20160518124856j:plain

f:id:qooton:20160518124901j:plain

サッポロ生ビール小350円。各ハイボール380円。カクテル各500円。ソフトドリンクは各350円と、そこそこリーズナブルな価格帯です。

その他メニュー

f:id:qooton:20160518125626p:plain

f:id:qooton:20160518130429p:plain

▼梅田ならこちらもおすすめ▼
blog.qooton.co.jp

全体の感想

電車の通過音や席数が少なめなこともありますし、メニュー表には「2時間半程度でお席をお譲り下さいます様お願い致します」と書かれていることもあり、サクッと飲んで食べて帰るのに適したお店だと思いました。

「食道街自体は古い…!すごく下町っぽい!!!」と思える外観で、通路も狭く施設に歴史を感じた割に、店内はオシャレで意外でした。

その為、これまで古い建物に抵抗感を感じていた女性の方も、初めて新梅田食道街で食事をしたりお酒を飲んだりするお店として、ここ家は利用しやすいと思います。

今まで敷居が高いイメージで入りにくかった人も、ここ家で新梅田食道街デビューをしてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

ここ家 (ここや)
住所:大阪府大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街 2F
電話番号:06-6364-7765
営業時間:[火~金] 17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00) [土・日・祝] 16:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日:月曜日

なにわ淀川花火大会 非公式マップでは、その他にもお寿司屋さん、炊き餃子が美味しいお店など、編集部厳選のおすすめ店を紹介しています。合わせてご覧ください。

▼大阪・梅田駅の周辺ならこちらのお店もおすすめ▼
梅田周辺のグルメ


▼TOPページはこちら▼
なにわ淀川花火大会 非公式マップ2016