読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

ソフマップの買取サービスって正直どう?パソコンの査定で驚きの結果が出た話

f:id:qooton:20151117111622p:plain

新しいパソコンを購入すると、多くの場合、古いパソコンは使わなくなってしまいます。

家電量販店では下取りサービスや買い替えキャンペーンを実施していますが「新しいパソコンをネットで購入した」という場合は利用できません。

使わないパソコンを部屋に置いても、場所を取るだけ。 
各パソコンメーカーのリサイクル回収に出せば、基本的に無料で引き取ってくれますが、家電量販店などの買取サービスを利用すれば、無料以上の金額になることもあります。

今回、私が利用したのは、ソフマップの買取サービスです。
メリット・デメリット、利用した感想などをまとめてみたので、将来的にパソコンの買取を考えている人の参考になれば嬉しいです。

ソフマップの買取サービスを選んだ理由

Webで買取上限金額が分かる

f:id:qooton:20151015120701j:plain

ソフマップでは、メーカーや製品、型番で検索すれば、買取金額を提示してくれます。

電話で「商品名/型番、付属品の有無、商品の状態、使用年数」を伝えて、専門スタッフが商品の買取可能か判断後、買取上限金額を教えてくれる所もあるのですが「最初から電話で聞く必要がある」というのは、なかなかハードルの高さを感じます。

買取可能金額「1円以上」の値が付いた

f:id:qooton:20151015112436j:plain

大抵の買取サービスでは買取上限金額が「0円」のものは買取・引取が不可としています。

ソフマップと同じくパソコン買取を行なっているJoshinで買取金額検索をした所、買取不可の「0円」になっていました。

f:id:qooton:20151015111822j:plain

私が使用しているパソコンは、発売が2008年9月と既に7年以上経過しているので「買取不可と言われてもおかしくないな」と思っていた為、1円以上の値がついたことに驚きました。

説明書などの付属品をかなり捨てていたので「買取上限金額の8,200円には確実にならないだろうな」とは思うのですが、配送料以上の金額で買い取ってもらえるのであれば、利用する価値は高そうです。

【補足】買取不可な場合はメーカーの回収サービスを利用する

パソコン買取サービスで「買取不可」と言われた場合や、配送料>買取金額になる場合は、各パソコンメーカーの回収・リサイクルサービスを利用しましょう。

NECの場合、パソコンにPCリサイクルマークがあれば、リサイクル料金は無料。
PCリサイクルマークは2003年10月以降の製品に付いているので、ほとんどの場合は無料で引き取ってくれると思います。

標準付属品のキーボードやマウス、電源ケーブルなども一緒に梱包してOKですが、取扱説明書やCR-ROMなどは各自で処分する必要があります。

NECに回収の申し込みを行なうと、日本郵政から「エコゆうパック伝票」や「排出手順書」、「約款」が届きます。
パソコンや付属品をダンボール箱や破れにくい袋で梱包後、郵便局に持込または自宅まで引き取り回収を頼めばOKです。

データ消去が万全

f:id:qooton:20151015131301j:plain

ソフマップでは買い取った商品から個人情報が流出しないように、専用機器や専用のソフトウェアを使用してデータ消去してくれます。

パソコンを処分する際は、データ消去やパソコンの初期化を行ないますが「完全にデータは消したつもりだけど、本当に大丈夫?」と不安に思うので、データ消去や個人情報管理が万全という一文があるだけでも、安心感があります。

HDDなどは査定時に初期化されるので「大事なデータが入ったまま査定に出してしまった」ということが無いように気を付ける必要があります。

発送買取でも住民票の写し(原本)が不必要

私はクレジット機能付きのゴールドポイントカードを持つほどの、ヨドバシカメラユーザーなのですが、買取先として選ばなかった大きな理由にヨドバシカメラの発送買取は「住民票の写し(原本)」が必要があります。

2.【お客様】商品・付属品を梱包、住民票・買取同意書とともにご郵送
商品・付属品を厳重に梱包の上、住民票の写し(原本)と共にご郵送ください。

買取サービス - ヨドバシ.com

住民票の写しを取得するには「窓口で手続が必要」「発行手数料が1枚200円(大阪市の場合)かかる」と、時間と手間とお金が掛かります。
正直、そこまでするだけ「ヨドバシカメラで買い取ってもらいたい」と思うだけの気力は正直ありませんでした。

店頭買取であれば、本人確認書類で身分証明をすれば良いのですが、売りたいものが「重さが20kg以上あるデスクトップパソコン」で、最寄りのヨドバシカメラまで結構な距離があり、車の運転もできない為、ヨドバシカメラでの買取サービスの利用は諦めました。

ソフマップの場合は、本人確認書類があれば、発送でも受け付けてくれる

実際に利用してみた

ソフマップの買取コースには、自宅まで引取に来てくれる「引き取りコース」、宅配センターに商品を発送をする「お客様発送コース」、全国100店舗以上あるソフマップの店舗に直接持って行く「店頭買取コース」の3種類あります。

今回は買取金額の合計が3,000円以上であれば、最大10箱まで送料無料になる「引き取りコース」を利用しました。

商品検索

まずは買い取りに出したい商品を検索して、買取カートに入れます。

キーワードや品番で検索すると「え、こんな商品も買い取ってくれるの?」と思う商品もあり、ちょうど良い機会だったので、パソコン以外にも不要なものも一緒に査定してもらうことにしました。

【パソコン】
NEC VALUESTAR W VW770RG

f:id:qooton:20151109170814j:plain

f:id:qooton:20151109164430p:plain

大学入学時(2009年)に購入したもの。
数ヶ月前の断捨離で取扱説明書などを全部捨ててしまい、本体とリモコン、ACアダプター以外は持っていない。

【キーボード】
Microsoftのキーボード(Digital Media Pro Keyboard BX1-00002)

f:id:qooton:20151109164825j:plain

f:id:qooton:20151109164545p:plain

【マウス】
Microsoftのマウス(Wireless IntelliMouse Explorer 0312)

f:id:qooton:20151109164827j:plain

f:id:qooton:20151109164551p:plain

大学1または2回生の時に、NECパソコンの付属のキーボードとマウスが両方とも使えなくなった為、友人から譲ってもらったもの。
元々の所有は大学関係らしいので、かなり譲渡されてきた代物。

使用してから確実に5年は使っており、綺麗に掃除してみたが、所々に使用感や傷が目立つ。

【ペンタブレット】

f:id:qooton:20151109164824j:plain

f:id:qooton:20151109164727p:plain

大学の2コ上の先輩が卒業時に「使わないから」と言ってくれたもの。
全くペンタブレットを使用する機会が無く(上手く扱えなかった)、最近までホコリをかぶっていた。

【電子辞書】

f:id:qooton:20151109164819j:plain

f:id:qooton:20151109164637p:plain

高校2年時に1台目を机から落として壊した後に購入してもらったもの。

大学入学以降は使う機会が全く無く、ずっと用具箱の中で眠っていた。
本体しか無いが、箱や取扱説明書などはきっと実家にあるはず。

買取を申し込む

取り扱い申し込み点数は5点。買取上限の合計は11,600円。

f:id:qooton:20151109170935p:plain

完全に付属品が揃っている品が一つも無いので「絶対に1万円以上はいかないだろうな」とは思いましたが、粗大ごみに出して手数料を支払うよりも多少お金に
なるならば……という気持ちで買取を申し込みました。


次に利用コースや運送用の箱の有無、集荷日を選びます。

f:id:qooton:20151109173341p:plain

専用梱包箱を希望すれば、引取当日に梱包箱のお届けと梱包まで行なってくれるので「引取日までにダンボールの用意ができない」という場合でも安心して利用できます。

集荷日は申し込み日から3日以降の指定が可能です。
希望時間帯は「午前中」「12~14時」「14~16時」「16~18時」「18~21時」から選べます。

次のステップでお客様の情報(住所、氏名、電話番号、支払い方法、振込口座など)を入力後、買取サービスの利用規約に同意すれば申し込みが完了します。

登録したメールアドレス宛にソフマップ 宅配買取センターから「買取のお申し込みを受け付けました」の自動送信メールが届くので、もう一度内容を確認。

f:id:qooton:20151109173933p:plain

発送手続きをする

▼機器をプチプチで梱包。箱の上下をダンボールで挟み、フリーペーパーを丸めて緩衝材代わりに利用。

f:id:qooton:20151109172020j:plain

引き取りコースの場合、買取合計金額が3,000円以上で引取手数料が無料

買取金額が3,000円未満だと、1梱包1,420円+税(2梱包以降は950円+税)の引き取り手数料が買取金額から差し引かれますが、仮に3,000円以下になっても、発送コース(自分で発送手続きを行なう)の送料を考えると安いです。


引取コースの利用条件は、1回の引き取りで1個口20kg以下、最大10個口以下なので、一体型デスクトップパソコン(重さが約20kgある)とその他商品を分けて梱包をしました。

規定では「1個口20kg以下」ですが、実際の自宅集荷時に重さを計られることは無いので「だいたい20kgを目安に」くらいでも何とかなります。

ソフマップの本人確認を行なわない場合は「氏名」「住所」「生年月日」が確認できる本人確認書類のコピーを同封します。
梱包材で埋まらないように封筒やクリアファイルに入れて、一番上に置いておくと、すぐに見つけてもらえます。


指定した日時にクロネコヤマトの人が集荷に来たので、段ボール2個分の荷物を預けます。
配達伝票がすでに作成されていたので、何の記入や手続きをすることなく、すぐに終わりました。

f:id:qooton:20151117094007j:plain

査定結果

配送から6日後、ソフマップから買取査定のメールが届きました。

買取上限の合計は11,600円でしたが、実際の買取査定総額は3,010円と1/3まで下がってしまいました……。

実際の査定結果を見ながら「買い取りは何で減額になるのか?」をまとめてみました。

【パソコン】
NEC VALUESTAR W VW770RG

上限金額 8200円
増減金額 -7380円
査定金額 820円

==状態減額==
汚れ 本体外装に汚れあり -820円
==欠品減額==
「ワイヤレスキーボード」欠品 -2460円
「ワイヤレスマウス」欠品 -820円
「準備と設定」欠品 -40円
「活用ブック」欠品 -40円
「映像・音楽を楽しむ本」欠品 -40円
「テレビを楽しむ本」欠品 -40円
「パソコンのトラブルを解決する本」欠品 -40円
「Microsoft Office Personal 2007一式」欠品 -3000円
「電話回線ケーブル」欠品 -410円

大幅な減額が発生した為、買取価格を 820円とさせていただきます。

※B-CASカード(地上・BS・CSデジタル共用)は買取対象外品。

パソコンは「キーボード」「マウス」「Microsoft Office Personal 2007」の欠品が大きな減額になりました。
ほとんどパソコン本体しか送れなかったので「古いパソコン(OSはVista)自体には、ほとんど値段が付かないんだな……」と思い知らされました。

取扱説明書の欠品による減額は合計で200円。
断捨離で「場所を取る取扱説明書は捨てましょう」と言われることが多いのですが、将来的に売る予定のある商品は捨てない方が、査定金額は少し上がります。

また「公式サイトに取扱説明書の情報が載っているから捨てても大丈夫」だと思ったら、発売日から時間が経過すると、URLの変更で見られなくなったり、実際に探すのに苦労したりするので「捨てずに取っておく」か「スキャナで取り込んでPDF化(自炊で電子書籍化する)」ことをおすすめします。

【キーボード】
Microsoftのキーボード(Digital Media Pro Keyboard BX1-00002)

上限金額 100円
増減金額 -100円
査定金額 0円

==状態減額==
汚れ 汚れ・塗装剥げあり -50円
==欠品減額==
「ユーザーズガイド」欠品 -10円
「キーボードソフトウェアCD-ROM」欠品 -50円
「USB-PS/2変換アダプタ」欠品 -10円
「パームレスト」欠品 -20円
欠品での最大減額は -50円とさせていただきます。

キーボードは状態の悪さと欠品の多さで値段が付かず。

譲り受けた時は「キーボードのみ」の状態で、何の付属品も無かった為、買い取りに出してから「あぁ、こんなに色々と付いていたのね」と知りました。

【マウス】
Microsoftのマウス(Wireless IntelliMouse Explorer 0312)

上限金額 100円
増減金額 -50円
査定金額 50円

==欠品減額==
「ユーザーズガイド」欠品 -10円
「ドライバCD」欠品 -50円
「PS/2-USB変換コネクタ」欠品 -10円
欠品での最大減額は -50円とさせていただきます。

マウスは状態減額が無く欠品減額により50円。

正直、キーボードとマウスは1円も値段が付かないと思っていたので、結構意外な査定結果でした。

【ペンタブレット】
WACOM Bamboo (MTE-450/K0)

上限金額 1000円
増減金額 -400円
査定金額 600円

==欠品減額==
「クイックインストールガイド」欠品 -100円
「ユーザーズガイド」欠品 -100円
「Pen tablet driver CD」欠品 -200円

欠品減額が400円。
こちらもほとんど付属品が無い状態で譲り受けたので「まぁ、妥当な金額かな」と思います。


【電子辞書】
XD-SW6580FG

上限金額 2200円
増減金額 -660円
査定金額 1540円

==欠品減額==
「取扱説明書」欠品 -440円
「ヘッドホン」欠品 -110円
「USBケーブル」欠品 -110円

今回の買取査定で最も高値が付いたのが電子書籍でした。

買取査定金額3,010円のほとんどを電子書籍が占めています。

付属品があるほど、買取金額も上がる

付属品は「買った時に付いてきた全てのもの」を指します。
「こんなの送っても、果たして値が付くのだろうか?」と思うものがあっても、とりあえず送ってみることをおすすめします。

ソフマップの買取査定では「○○が無いから×××円の減額」というのを、はっきり示してくれます。

具体的な品名を記載してくれるので「そう言えば、手元には無いけど、多分自宅にはあるな」や「あぁ、これって自分で新しく買ったものじゃなくて、元々付属品として付いてたものか」と分かりやすく、査定金額を上げる為の再送付をする時にも役立ちます。

付属品の追加送付で再査定も可能

ソフマップでは再査定も行なっており、大幅な減額になった付属品が手持ちにあれば、ソフマップ宅配買取センターに送れば、買取金額が上がる可能性もあります。

今回の大幅な減額になった、パソコンのMicrosoft Office Personal 2007と、電子辞書の付属品が実家で見つかったので、お願いしてソフマップの買取センターに送ってもらいました。

f:id:qooton:20151117103145j:plain

郵送にかかる送料は自己負担なので「送料よりも買取金額は高くなる可能性が高い」という場合は送る価値があります。
追加での査定になるので本人確認書類のコピーは不要

「翌日の午前中が到着予定」という話で、実際に翌日の12時過ぎには再査定の結果をお知らせするメールが届きました。早い。

結果、査定結果が3,010円から6,340円まで値上がりしました。

「3,000円分のMicrosoft Office Personal 2007一式が届いた」のと「電子書籍の付属品が全て揃ったことで上限金額になった」のが理由です。

買取対象外品は「Microsoft Ofifice Power Point2007製品版」「パソコンソフト10タイトルダウンロードパック」。
……似たような付属品でも値段が付かないのが不思議ですが、3,000円分が上乗せされたので良かったことにします。

感想まとめ

今回初めてパソコンや電気機器の買取サービスを利用してみました。

買取に出した商品が商品だけに、思った以上の値段は付きませんでしたが、今まで「お金を払って資源ごみ回収に出す」「使わないからとりあえず取っておく」しか経験が無かったので、不要になったり、使わなくなったりした商品がお金になるのは、なかなか得がたい体験でした。

ソフマップは高価買取をしてくれるかどうか?に関しては、他のサービスを利用したことが無いので比較できませんが

  • 他だと最初から0円や買取不可な商品でも値が付いた
  • 減額理由が明確で分かりやすい
  • 1週間以内に査定結果が分かる
  • 送料は自己負担だが、再査定も可能

という理由から満足度は高いです。

私自身、何でも溜め込む気質があるので「パソコンを処分する」という名目で、他の「新しい商品を買うので、不要になるもの」「壊れてはいないけど、全く使っていないもの」も一緒くたに片付けられて良かったです。

今後は「そのまま捨てるのはもったいないけど、譲る人はいないし、オークションに出すのも抵抗がある」と思う商品がある場合は「捨てる」だけではなく「買取に出してみる」という選択肢も入れてみようと思います。

不要なものが部屋から無くなり、使えるスペースができるだけではなく、少額ながらお金も手に入るので、同じ「部屋から無くす」という行為でも「無駄にはならなかった」と思えます。

(書いた人:昼時かをる)