読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

人身事故を激減させるホームドア、全国設置数はどのくらいある?

今日のイラスト

f:id:qooton:20160825172438p:plain
ここ数年で都心ではよく見かけるようになってきた駅のホームドア。
転落事故等の防止に非常に効果的で、山手線の各駅では設置がほぼ完了しています。
全国規模でどのくらいの地域に普及しているのか、またその効果をまとめてみました。

続きを読む

メダル獲得数過去最多のリオオリンピックが閉幕、15回分の獲得数を振り返ってみると…?

f:id:qooton:20160822171110p:plain
8月21日、リオオリンピックが閉幕。日本選手団のメダル獲得数は過去最多の41個となりました。
初めての40と言う大台に乗り、2020年の東京オリンピックに向けても大きな期待が高まっています。
今回は初参加から初のメダル獲得、リオオリンピックに至るまでの日本選手団のメダル獲得数を振り返ってみました。

続きを読む

病は季節から―熱中症だけじゃない夏場の病に注意! 

f:id:qooton:20160810105316p:plain
夏に注意しなければならないのは熱中症だけではありません。
熱中症の水分不足が引き起こす脳梗塞、暑さと湿度で多くなる食中毒の季節でもあります。
同じように年間を通して季節により患者の増える病を1か月ごとに追いました。

続きを読む

ふるさと納税で得する県・損する県―首都圏ほど流出額が多い?

今日のイラスト

f:id:qooton:20160808124017p:plain
2008年から始まったふるさと納税制度。
納税先自治体からの返礼品、始まった当時には想定されていなかった災害への義援金など様々な目的をもって活用されている制度ですが、1年でどのくらいの金額が流出・流入しているのでしょうか。

続きを読む

東京在住は本当に得なのか?賃金・家賃・物価指数、移動手段を比較してみると…

今日のイラスト

f:id:qooton:20160808114957p:plain
個人的な話ですが、私は一般的に言われる所謂オタク趣味があります。
仲間内で耳にタコができるほど話題にあがるのが
「東京に住めばどんなイベントにも行ける、グッズも買える、東京は勝ち組」ということです。
実際はどうなのか?生活費は?働くなら給与は…?

具体的な数値として比較をしました。

続きを読む

西日本勢の強さ目立つ―夏の甲子園、優勝回数NO.1は大阪

いまの話題 今日のイラスト

f:id:qooton:20160808112353p:plain
先週土曜日の8月6日、ついに夏の甲子園が開幕しました。
出身校、出身県、縁のある地の高校を応援しようとチェックしている人も多いはず。
今回は、47都道府県の中でどの県が優勝回数が多いのか、勝敗と試合数と共にまとめました。

続きを読む

日本が世界ランク上位独占!スケール感溢れるプラネタリウムまとめ

今日のイラスト 人生を楽しむ

f:id:qooton:20160805173324p:plain
この暑い季節は室内でゆっくり楽しみたい、癒やされたい…そんな時にオススメなのがプラネタリウムです。
世界規模を誇る国内のプラネタリウムをご紹介します。

続きを読む

日本の竜巻発生数、トップは北海道―ダウンバーストにも警戒を

今日のイラスト

f:id:qooton:20160801142935p:plain
天気予報で耳にする「竜巻などの激しい突風」。
この突風には、ダウンバーストと呼ばれる竜巻とは別のメカニズムを持った現象も含まれています。
竜巻・ダウンバーストの違い、今まで確認されている回数を都道府県単位でまとめてみました。

続きを読む

花火大会の穴場スポット検索や行き帰りの混雑回避にも!Yahoo!地図アプリ活用術

なにわ淀川花火大会非公式マップ いまの話題 アプリ

f:id:qooton:20160725123340p:plain

待ちに待った花火大会も、もう直ぐそこまで迫ってきましたが、気がかりなのは「最寄り駅や会場付近の混雑」のこと。

例年のことながら、花火大会会場付近で観ようと思うと、行き帰りは大混雑になるのは避けられません。

Yahoo!地図アプリでは、混雑レーダーを活用した各地の花火大会の混雑予測&回避に役立つ新機能を期間限定(2016年7月21日~8月31日)で利用できます。

昨年、各地域で開催された花火大会の混雑状況を動画で確認できたり、当日は会場付近や駅付近の混雑具合をリアルタイムでチェックできたりするので、

「何時までに到着・会場を出発すれば、混雑が比較的にマシなのか?」
「到着予想時間には、どの場所で観た方が空いているのか?」
「多少歩いても良いから、混雑が少ない駅を利用したい」

という時に是非とも活用したいアプリです。

続きを読む