読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

水が甘く感じる程の塩辛さ!富山に行くなら食べておきたい西町大喜の元祖「富山ブラックラーメン」

グルメ 旅行 人生を楽しむ

f:id:qooton:20150316173619j:plain

富山のご当地ラーメンと言えば色の濃いスープのラーメンが特徴の「富山ブラック」

全国にチェーン展開している「麺家いろは」が、認知度的に上かと思いますが、今回紹介するのは、西町大喜(にしちょうたいき)です。

昭和22年に創業した西町大喜は元祖富山ブラックラーメンのラーメン専門店で、ネット通販無し&県内だけに店を構えているので、富山県に来ない限り、元祖富山ブラックを味わえません。

では実際に富山ブラックとはどのようなラーメンなのか?
北陸新幹線開業を前に訪れた富山にて、県出身の私が実際に食べてみました。

元祖富山ブラックはとにかく塩辛い!

f:id:qooton:20150316173632j:plain

▲上が「普通」、下が「薄め」
写真ではあまり違いが分からないのですが、「普通」は1.5倍くらい色が濃いです。

元々ドカ弁やおにぎりを持った肉体労働者の為に、チャーシューがたっぷり入った、濃いしょう油の味付けの「よく噛んで食べる」中華そばを作ったのが富山ブラックの始まりです。

f:id:qooton:20150316174946j:plain

▲食べる前に麺、チャーシュー、メンマをスープの中で混ぜることで、大喜の味が出来上がる。

その為、西町大喜のラーメンは「麺:固めストレート麺、スープ:濃い口しょう油、具:塩辛いメンマ、大量の手切りチャーシュー、荒切ネギ、粗挽き黒こしょう」という、とにかく濃くて塩辛い味が特徴的です。

西町大喜の富山ブラックラーメンは、スープの濃さを「薄め」と「普通」から選べます。

薄めは普通の醤油ラーメンがちょっと濃いくらいでしたが、普通はとにかく「ガツンと塩辛い」の一言で、飲む水が本当に甘く感じるほど。
以前、麺家いろはで富山ブラックを頼んだ時は「めちゃくちゃ塩辛い、味が濃い」とはそれほど思わなかったので、他の店で富山ブラックを一度食べたことがある人でも要注意です。

子どもや女性、薄味好き、高血圧が気になる人は「薄め」を選んでおいた方が無難です。
どれを食べても塩辛い(特にスープとメンマ)ので、スポーツや肉体労働で大量に汗をかいた後、塩分と栄養補給を兼ねて食べるのには本当に向いている味ですが、常食するのは厳しい所。

以前「二郎系ラーメンを食べ続けると身体を壊す」という話が話題になっていましたが、元祖富山ブラックもそれに近いものがあるなと思いました。
それでも「塩辛過ぎて嫌になる」という味ではなく(味が濃すぎればスープを飲まなければ良い話なので)、強烈な塩辛さ故にリピーターを次々と生み出している感があります。

駅前店で元祖富山ブラックが買える

西町大喜の富山ブラックは通信販売を実施していませんが、富山駅前店(富山市新富町)限定で、店頭販売を行っています。

中華そば(並)とスープ、チャーシュー、メンマ、胡椒入り。2人前で税込1,500円。
賞味期限は3日間と短いので、早めに調理して食べることをおすすめします。

麺家いろはなどの他店の富山ブラックは、各地のお土産売り場に行けば必ず1つや2つ見付かるので、ラーメン好きの家族や友人用のお土産にしたり、味の違いを食べ比べたりしてみても面白いと思います。

ちなみに:富山県民は「そんなに食べない」

私が富山出身だと知った人から「富山の人は良く富山ブラックを食べるのですか?」と質問される場合があるのですが、正直、あんまり食べてません。
私が富山ブラックを食べたのは、実は今回で3回目。3回中2回は「せっかく富山に来たのだから、富山ブラックを食べよう」という、お上りさん感覚で食べています。

周囲の富山県民に聞いても「今まで一回も食べたことがない」という人が多く、例えば福岡の博多ラーメンや熊本の太平燕のように「県民食」の領域までには全く達していません。
元々労働者向けに作られた富山ブラックは、あまりにも塩辛すぎるので、家族全員で食べるラーメンとしては向かないのだと思います。

それでも今後、富山県に行く機会があれば「毎日食べたら、高血圧でどうにかなりそう」な富山ブラックを一度は食べてみて下さい。良い記念にはなると思います。

他にも富山のご当地ラーメンとしては、富山ブラックの人気にあやかった「おやべホワイトラーメン」「入善ブラウンラーメン」「入善レッドラーメン」「高岡グリーンラーメン」「富山ゴールドラーメン」なるカラーラーメンも登場しています。

正直、先行きが良く分からない富山のご当地ラーメン事情ですが、北陸新幹線開業で今後どのような展開を見せるのか、楽しみにしています。


西町大喜は富山県富山市内に4店舗(西町本店、富山駅前店、中島店、二口店)を展開しています。
西町本店や富山駅前店は、富山駅から歩ける距離にありますが、自動車で行く場合は近隣のコインパーキングに駐車する必要があります。

富山中心街から多少遠くても大丈夫であれば、中島店(駐車場10台)や二口店 (駐車場28台)の方が利用しやすいと思います。

(書いた人:昼時かをる)