クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

【20万円】クリエイター応援、ランサーズでロゴマーク募集を開始しました

f:id:qooton:20140827193636p:plain

株式会社クートンが運営する「ネット銀行100の活用術」のサイトロゴを、「ランサーズ」で募集します。コンペ形式での募集となりますので、お時間のある方は是非ご参加ください!

【募集ページ】
ランサーズの募集ページはこちらです。
http://www.lancers.jp/work/detail/407780

【当選報酬】
総額20万円に設定しています。

【募集内容】
弊社運営サイト「ネット銀行100の活用術」のサイトロゴ
(現在使っているロゴは私の自作です^^;)

【実施期間】
2014年8月27日(水)~9月17日(水)

※詳細につきましては、ランサーズの募集ページをご確認ください

当選報酬20万円で募集します

今回の発注金額は以下のとおり設定させていただきました。

  • 当選報酬:162,000円
  • 参加報酬:10,800円 × 4名

それぞれ、当選報酬15万円×1名、参加報酬1万円×4名に消費税を乗せて、合わせて205,200円での発注です。

最初は5万円ぐらいで発注しようと思っていたのですが、いろいろと考えた結果、この価格にしました。ランサーズのロゴ募集のお仕事の中では、そこそこ良い金額だと思います(;´Д`)ハァハァ

予算的には厳しいのですが、個人的にクリエイターを応援したいという気持ちも少なからずあるので、ちょっと奮発してみました。

会社のロゴが3万円だった話

私が2年半ほど前に株式会社クートンを立ち上げた時、創業費としていちばん最初に使った経費が、会社のロゴマーク制作費でした。自分ではカッコいいロゴマークを作ることができないので、ランサーズでお仕事をお願いしました。

今ほどランサーズが盛り上がっている時ではなかったので、募集価格3万円で100件近くの応募をいただきました。一番最初にランサーズを利用したのはこの時だったのですが、応募作品の想像以上のクオリティーに、「ランサーズすごい」ってなったことを記憶しています。

コンペの結果、当時このロゴマークを採用させていただき、今も気に入って使っています。

f:id:qooton:20140827194214p:plain

ちなみに、会社のロゴを作ってくださったのはtoto046さんという方です。
クラウドソーシングなので、もちろんお会いしたこともなければ顔も知りません。それでも、とても良いお仕事をしてくださったと感謝しています。

その後、おかげ様でクートンも順調に成長を遂げることができ、現在も毎日サイト作りに励むことができています。

儲かったら還元したい

弊社は、情報サイトを制作・運営し、そこにアフィリエイト広告を中心としたインターネット広告を掲載することで、売上を立てています。基本的にサイト訪問者に対しては無償で情報を提供し、広告主からお金をいただく仕組みです。

おかげ様で一昨年ほど前から、景況感が改善されるに従って、広告主の方が弊社サイトに割いてくださる予算も増加傾向にあり、増益を続けることができています。

この業界、本当に収益の変動が激しく、なかなか生き残るのが大変なので、どうしても財布の紐は固くなりがちです。しかし、「景気回復 → 広告主予算増加 → 弊社増益」というサイクルによって生かされているとも言えるので、やはりここは、私たちも出すべきところはキッチリ出すべきだと思いました。

儲かったら還元。ランサーズへの恩返しもしたいし、広告主からいただいた売上をクリエイターに還元することで、サイトをより良くしたい。

創業時の3万円のロゴマークがあってこそ、現在のクートンがあります。
そう考えていくうちに、当初5万円の予算がいつの間にか20万円になっていたということです。

ということで

クリエイターへの還元の意味も込めて、ロゴの発注とブログを書きました。このブログを見て、少なからず今回の募集に注目してくださる方もいると思います。

ランサーズでは、公開したお仕事の提案デザインが、クリエイターのポートフォリオとして残るのも良いところです。今回のコンペで良い結果が残せなくても、良い提案をしてくださったクリエイターの方には、他のアフィリエイター・サイト運営者からお声がかかるかもしれません。

今回の募集が少しでも、クリエイター、発注者、双方の刺激になればよいなと思っています。

また、ランサーズには提案に対して「投票」できる機能があります。クリエイターとして参加しない場合も、気に入ったロゴがあれば、クリエイターの提案デザインを投票機能で評価してもらえると、より面白くなると思います。

コンペ形式なので、当選報酬を受け取れる方には限りがありますが、クリエイターとしてのアピールの場もかねて、多くの方がサイトロゴ募集のお仕事に参加してくださることを、心より期待しています。

(書いた人:川原裕也