読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

昼ご飯のカロリー摂取量が気になる人にレシピ付きお弁当箱「カロリーBENTO」をおすすめする3つの理由

f:id:qooton:20150309091050j:plain

春になると入学や就職などでお弁当を作る機会が増えてきます。
また「去年はコンビニ弁当や外食が多かったから、4月からお弁当を作り始めよう」と決意している人も多いのではないでしょうか。

3~4月になると生活雑貨のお店を中心に、色々なお弁当箱 何を買えば良いのか悩み所です。
特に「今後ダイエットを考えている」という人は、お弁当箱の選び方一つで、結構変わってきます。

今回紹介するのは、お弁当のサイズに応じたレシピ付きで、一人ひとりに合わせて摂取カロリーを簡単に調整できる「カロリーBENTO」です。

ロフトと東京家政大学のコラボ商品で、サイズは400キロカロリーから850カロリーの4サイズ展開。
付属レシピは食と栄養のプロを目指す東京家政大学の学生さんが考案したもので、味と栄養バランスがバッチリのお弁当を作る手助けをしてくれます。

お弁当の大きさでカロリーコントロール

f:id:qooton:20150306142336p:plain

カロリーBENTOは「400カロリー(上180ml、下220ml)」、「550カロリー(上220ml、下330ml)」、「700カロリー(上280ml、下420ml)」、「850カロリー(上410ml、下440ml)」の4つのサイズがあります。

お弁当箱の容量とカロリーは相対関係があり「1ml=1cal」が目安です。

平均身長で身体活動レベルが普通(座って勉強や仕事をすることが多い)の人の、お弁当の基準サイズは以下の通り。
(身長が目安より高い人や活動量が多い人は+100ml、身長が目安より低い人や活動量が少ない人は-100mlにして下さい。)

【女性】
年齢:お弁当箱の容量:身長の目安
3歳~5歳:400ml:85~110cm
6歳~8歳:500ml:116~128cm
9歳~11歳:600ml:134~147cm
12歳~14歳:700ml:155cm
15歳~17歳:700ml:157cm
18歳~20代:600ml:158cm
30代~40代:600ml:157cm
50代~60代:600ml:152cm
70代~80代:500ml:147cm

【男性】
年齢:お弁当箱の容量:身長の目安
3歳~5歳:400ml:85~110cm
6歳~8歳:500ml:117~128cm
9歳~11歳:600ml:133~145cm
12歳~14歳:900ml:160cm
15歳~17歳:900ml:170cm
18歳~20代:900ml:171cm
30代~40代:900ml:170cm
50代~60代:800ml:165cm
70代~80代:600ml:160cm

お弁当のサイズが複数あることで、例えば「今はダイエット中で1日1,500キロカロリーに抑えているから、容量が小さいサイズにしよう」「腹八分目になる550カロリーが向いていそう」「夫は850カロリー、自分は550カロリー、運動部所属の娘には700キロカロリーが良いかな」というように、年齢や性別、目的に適したお弁当箱が選びやすいです。

10種類の専用レシピ付き

f:id:qooton:20150306142202j:plain

(画像:http://www.loft.co.jp/kotokiji/detail.php?id=3587

カロリーBENTOには、ランチボックスに記載されたカロリーに近いお弁当が作れるレシピブック(各10メニュー)が付いています。

お昼ご飯を食べる時、どうしてもカロリー摂取量が気になる所ですが、レシピに従ったお弁当を作れば、カロリーオーバーを心配する必要もないです。

レシピは東京家政大学の家政学部栄養学科の学生20名が考案。
カロリー・塩分・栄養バランスをサイズごとに計算したレシピになっています。

例えば700キロカロリー用には、鶏の南蛮漬けや揚げなすのあんかけなど6品目を盛り込んだ「盛りだくさん和弁当」を記載。

ちなみにお弁当箱に主食1/2、主菜1/4、副菜1/8×2品の割合で詰めると、お弁当の容量と中身がほぼ同じくらいのカロリーになります。

カラフルな色展開

f:id:qooton:20150306142525p:plain

ランチボックスのカラーは「レッド、イエロー、グリーン、ブルー、ネイビー、ブラック、アイボリー」の計7色。

色合いがはっきりしているので、お弁当を食べる前のワクワク感が増すこと間違いなし。
食べ終わった後は1つに収納できるので、コンパクトな状態で楽に持って帰れます。

箸箱(上記7色)と巾着(S:レッドとイエロー、L:グリーンとネイビー)もあるので、必要なランチグッズをトータルで揃えられるのも良いですね。

いかがでしたか?

カロリーBENTOは普段はあまり考えない「お昼ご飯のカロリー」を視覚的に意識できるお弁当箱です。

例えば「ダイエットしたいから、一日の摂取カロリーを抑えたい」という時、お弁当の「中身」だけではなく「外側(容量)」を変えることで、より高い効果が期待できます。

付属のレシピを利用すれば、お弁当に記載されたカロリーに近いお弁当が作れるので、面倒なカロリー計算をしなくて済むのもメリットの一つですね。

カロリーBENTOは1つ1,944円~2,592円。
ロフト(全国91店舗)やインターネット通販、e.デパートで購入できます。

「新しいお弁当箱が欲しいけど、何か良いのが無いかな?」という時、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

(書いた人:昼時かをる)

▼ 他にもこんな料理に関する記事書いています ▼