クートンブログ

日常のヒントをあなたに - 株式会社クートン

利用時間に制限なし&登録不要!タリーズコーヒーの無料Wi-Fiでノマドしてみた

f:id:qooton:20150806141550j:plain

シアトル系コーヒーショップ「タリーズコーヒー」では、無線LANによるインターネット接続が無料で行なえる公共無線LANサービス「tullys_Wi-Fi」を提供しています。

利用制限なし&事前登録不要ですぐに使えるので「今すぐネットに接続して、作業する必要がある」という時に便利です。

五ヵ国語(日本語、英語、韓国語、広東語、北京語)にも対応しており、誰でも簡単にインターネットが利用できます。

以前までは利用は1日1回1時間と回数・時間制限がありましたが、現在は利用時間に制限なく、かなり使いやすくなりました。

タリーズコーヒーではtullys_Wi-Fiの他に、Docomo,au,SoftBankの各ケータイキャリアのWi-Fiにも対応しています。

タリーズコーヒーのtullys_Wi-Fiについて

f:id:qooton:20150806141656g:plain

利用可能店舗は全体の約22%

tullys_Wi-Fiが利用できるのは、全587店舗中、132店舗です(2015年8月現在)。

約8割の店舗では使えないことになるので「タリーズで無料でインターネットを使いたい」という時は、事前にtullys_Wi-Fiに対応する店舗を確認しておくことをおすすめします。

タリーズコーヒーのWebサイト「ショップ検索」で「tullys_Wi-Fiご利用可」「都道府県を選択」でしぼりこみ検索をすると、利用可能な近隣店舗が調べられます。

ちなみに大阪の場合、利用可能な店舗は43店舗中の11店舗で「大阪駅/梅田駅周辺」に集中していました。tullys_Wi-Fiが利用できるかどうかは、地域差がかなり大きい感じがします。

接続方法

タリーズコーヒーの無料Wi-Fiの便利な所は、事前登録やメール送信が不要で、ワンクリックでインターネット接続ができること。

パソコン、タブレット、スマートフォン、携帯電話に対応しており、複数の端末で利用も可能です。

アプリケーションの使用に制限がないので、家とほとんど変わらない環境で作業ができると思います。

1.SSIDの設定をする
接続する端末でWi-Fi設定画面を開き、SSID:tullys_Wi-Fiを選びます。

2.インターネットに接続

f:id:qooton:20150806141740p:plain

Webブラウザを起動して、F5キー(更新ボタン)を押すと、tullys_Wi-FiのTop画面が表示されます。
「インターネットに接続」をクリックします。

3.利用規約の確認

f:id:qooton:20150806141746p:plain

次の画面で利用規約が表示されるので、規約に同意する(=インターネット接続を行なう)場合は「同意する」ボタンを押します。

4.インターネットが利用できる
タリーズコーヒーのWebサイトが表示されると、tullys_Wi-Fiの接続が完了したことになります。

オフィス街のタリーズコーヒーでノマドしてみる

f:id:qooton:20150806141758j:plain

今回私が利用したのは「タリーズコーヒー阪急梅田ビル店」

阪急梅田ビルは超高層のオフィスタワーで、阪急百貨店のすぐ近くにあります。

タリーズコーヒーは地上15階にあり、大きく取られた窓からは梅田の街並みが一望でき「眺望が良い天空のタリーズコーヒー」として、密かな人気があります。

窓側に電源席あり

f:id:qooton:20150806141807j:plain

席数は70席(禁煙席53席、喫煙席17席)。

一角にガラス壁で仕切られた禁煙席があり、タバコのにおいが室内中に漂うことなく、嫌煙者でも快適に利用できると思います。

電源席は窓側にあり、禁煙席11席・喫煙席3席。
2席で1コンセント(差込口2つ)を共用する感じです。

f:id:qooton:20150806141819j:plain

席が全て窓に面しているので、眺めの良い景色を見ながら、周りの目を気にせずに作業ができます。
1席あたりの面積も広めに取られており、机にノートパソコンと各種資料を広げていても、隣の人の邪魔にならない程度です。

長時間利用がしやすい環境上、混雑する時間帯では「譲り合い」での利用が不可欠。
個人的には「1ドリンク、1席、1時間30分〜2時間の利用が限度かな」という感じがします。

タリーズコーヒーは1ドリンク400円前後と、それほど高くないので、飲み物を何杯か頼んでも、そう金銭的負担は少ないように思います。

気になる回線速度は?

f:id:qooton:20150806141931p:plain

使用アプリ:Speedtest

いわゆる「Webページを見たり、メールを送ったりする分にはストレスがない」程度の回線速度です。

実際にネットサーフィンやブログ記事書き、Youtubeやニコニコ動画の視聴は問題なく利用できました。
時々「画像の表示が遅いな」と感じることもありましたが、まぁ許容範囲内です。

ただし利用中に1度だけWi-Fiの接続が切れてしまった時があり、ちょうど記事を書いていた途中だったので、非常に焦りました。

すぐに接続を再開して、自動バックアップにて無事に記事の復元ができましたが「回線が不安定になったり、接続が切れたりすることがある」ことを気を付けないと、万が一の時に怖いなと思いました。

勉強&ビジネス利用が多め

オフィスタワー内にあるタリーズコーヒーだけあり「勉強やビジネス」目的で使っている人が多いです。

年齢層は20代中頃〜50代。

この日は9時~13時まで利用していましたが、午前中は「友人とお喋りを楽しむ」というよりも、一人で黙々と作業する姿が目立ちました。

「無料Wi-Fiと電源席あり」という環境からも、一人でパソコンをずっと使っていても悪目立ちすることなく、店内がうるさ過ぎるということも無いので、ノマドワーカーがしやすい場所だと思います。

やはり12時を過ぎると「友達と昼食を食べに来た」という雰囲気の人々が多くなり、笑い声や話し声が結構聞こえてきます。

「ひと休憩してご飯を食べる」「イヤホンをして音楽を聞く」などで、聞こえてくる音対策をする必要がありそうです。

最後に

「タリーズコーヒーの無料Wi-Fiは、1日1回1時間の利用制限がある」と聞いていたので、ノートパソコン(Chromebook)の他にモバイルWi-Fiも持参していました。

実際は利用に制限無く、回線速度もほとんど問題なかったので、結局使わずじまいでした。

今までは「ノマド利用はスタバの一強」と思っていたのですが、タリーズコーヒーも十二分に使える場所だと分かりました。

利用制限なし、事前登録不要、ドリンクやフードの値段も手頃なので、結構気軽に利用できます。

後はもう少し、tullys_Wi-Fiが利用できる店舗が多ければ言うこと無いなと思います。

(書いた人:昼時かをる)

「ノマドワーカー、はじめました。」では、ノマドワークで働く際に役立つ情報を紹介します。
まだまだ手探り状態なノマドワークな日々ですが、似たような環境で働く方のヒントになれるよう頑張ります。

ノマドワーカー、はじめました。